一度つけたらやめられない!?車のオプション装備ベスト3

メーカーオプション

新車購入時に付け足すかどうか悩むオプションですが、その中でも一度つけてしまったらやめられない「中毒必須」のオプションを紹介します。

ちなみに、以前「つけてはいけないオプション装備」という記事を書きましたが、
今回はその逆。「つけてしまうともう2度とこのオプションがない車には戻れないオプション装備」です。
「つけてはいけないオプション装備」の記事も参考にしてみてください。

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

1位 HID(LED)ヘッドライト

ハロゲン式ヘッドライトとHIDヘッドライトの比較

ここ10年ほどでヘッドライトは急速にハロゲンからHID(LED)に移行していますが、
それでも車によっては下位のグレードではハロゲンしか選べないというモデルも存在します。

しかし、ハロゲンと比較すると夜道での明るさ・見易さ・視認性の高さは一目瞭然で、一度HID(LED)のヘッドライトを経験してしまうと昔のハロゲン式ヘッドライトが急にみづらく感じてしまうことでしょう。

ヘッドライトの目的は
「周りの車から自分の車を認知してもらう」のと
「自分が周りを認知する」という2点です。
周りから自分を認知してもらうという点においてはハロゲンもHIDも大差ありませんが、
自分が周りを認知するという点に関してはHIDの圧勝です。

「1度体験してしまうと、もうこれなしの車は選択肢に入らない」
それぐらいの装備です。
後戻りできない度数はMAXです。

2位 ACC

ACCはアダプティブ・クルーズ・コントロールの略で、一定の条件下でアクセルとブレーキを車側が制御してくれる運転支援機能の一つです。

高速道路を長時間走行する時や渋滞時に威力を発揮する便利な機能です。

「自分にはそんなもの必要ない」
「車は自分で操作したい」

そう思って敬遠している方も多くいらっしゃると思いますが、一度使ってみると
アクセルペダルとブレーキペダルを操作しないだけで、こんなに運転が楽になるのかと驚くほどです。
普段はあまり気にしなかったペダル操作が、人間にとってどれほど負担になっているかが良くわかります。

3位 スマートキー

スマートキーとは、キーをポケットやバッグに入れたまま車の開け閉めや、エンジンのオン・オフができるオプション装備です。

車種やメーカーによって多少の差異はありますが、車に乗る際はだいたいドアについているボタンを押すだけでドアロックを解除することができます。
エンジンの始動についても多少の違いはありますが、概ねどの車も車内にあるエンジンスタートボタンを押すことで始動できます。

これの何が便利かというと、車のキーをポケットやバッグに入れたままでいちいち取り出す必要がないところです。これに一旦慣れてしまうと、スマートキーのない車ではコンビニやSAなどに立ち寄る際にいちいち鍵を取り出すことが面倒になってしまいます。

鍵をポケットやリュックから取り出して差し込むという操作がどれほど面倒なことかが実感できます。
目的地に行く途中に頻繁にどこかへ立ち寄る人ほど恩恵を得られる装備です。

ちなみにスマートキーと間違えやすい「キーレス」は、単に車から離れた場所からドアの開け閉めができる機能ですので念の為。

最後に

以上、一度使ったらやめられないオプション装備ベスト3を紹介しました。

ただ、オプション装備というのは、別に無ければ無いで特に困ることはあまりありません。
ただし、人間というのは一度便利なことに慣れてしまうと、それが無い状態に戻ると非常に不便を感じる動物です。

洗濯機がこれだけ普及した現代において、タライと洗濯板で洗濯する人は特別な理由を除いていないでしょう。ただ、タライと洗濯板ではダメなのかと言われると、ちゃんと洗濯はすることができます。

知らないということはもしかしたら幸せなことなのかもしれません。

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら