一度は走ってみたい!日本の絶景ドライブコース7選

2020年6月13日運転

CMやドラマなどで目にする美しい道路たち

デートや旅行で訪れてみたいドライブコースってありませんか?

今回は愛車やレンタカーでも一度は行ってみたい絶景ドライブコースをまとめてみました

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

1.オロロンライン

正式名称「日本海オロロンライン」は、北海道の国道231/232号を走るルートの名称でバイクツーリングのルートとしても有名です

日本海に面しているため、道路を挟んだ左半分が海の青、右半分が草木の緑という、まさに絵画のような美しいドライブコースです

2.美幌峠(びほろとうげ)

美幌峠は北海道の阿寒摩周国立公園内にあり、そこからは火山湖である屈斜路湖(くっしゃろこ)が一望できる道路です

美空ひばりの曲名に採用されている地名でもあります

ここからの日の出を見ようとする、旅行者に人気があります

3.江島大橋(えしまおおはし)

「ベタ踏み坂」なんて呼ばれたりもする江島大橋(えしまおおはし)は、島根県と鳥取県の間にかかる橋です

ダイハツ・タントカスタムのCMに使用されたことから一躍有名になりました

1枚目の写真ではとんでもない勾配に見えますが、実際の勾配は島根側が6.1%、鳥取側が5.1%となっていて、見た目ほどではないことがわかります

現代の軽自動車であればベタ踏みしなくても登っていける程度の坂ですね

4.日塩もみじライン

日塩(にちえん)もみじラインは、栃木県日光市から那須塩原市にかけて走る日塩有料道路内にある長さ約28kmの道路です。通行料金は普通車610円

桜や紅葉の時期は、四季の美しい山の移り変わりを感じることができます

ただし、全般にかなりくねくねとした峠道で急カーブが41箇所あり、乗り物酔いする同乗者にとっては辛いかもしれません

5.中宮祠足尾線(旧:中禅寺湖スカイライン)

中禅寺湖スカイラインは、栃木県有料道路だった頃の名前であり、無料になった現在では

「中宮祠足尾線(ちゅうぐうしあしおせん)」へと名称が変更になっています

中宮祠足尾線は栃木県日光市を通る道路で、全長約11kmの県道250号線の名称です

なお、11月29日から4月10日までの冬季期間は閉鎖となりますのでご注意ください

6.富士南麓道路

富士南麓道路は静岡県裾野市内を走る国道469号線です

絶景ポイントは陸上自衛隊東富士演習場を突っ切る箇所で、関東地方では見られない様な平坦な平野が一望できます

まるで北海道にでもいるかの様な光景ですが、道路の両脇はれっきとした自衛隊の演習場所です

秋にはあたり一面が綺麗なススキ色になりますが、見とれすぎて脇見運転に注意してください

7.阿蘇ミルクロード

阿蘇ミルクロードは、熊本県阿蘇市から大津町を走る全長約22kmの県道339号線の名前です

小さなアップダウン続くワインディングロードで、夏には観光の車が多く、冬には積雪や路面凍結に注意が必要

近くには「ラピュタの道」と呼ばれるジブリ映画の様な名所がありますが、熊本地震によって現在は通行止め

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら