車の室内灯はつけたまま運転すると違反なのか?

2020年6月13日道交法

ネット掲示板やいろんな情報サイト、SNSなんかで「室内灯」が話題になることがあります。例えばこんな感じです

サトシ

先日、友達とドライブに行きました。走行中に小銭が下に落ちちゃったから、室内灯を点けて友達に確認してもらいました。そしたら・・・

名無し1

走行中に室内灯を点けた?・・・
それって違反だろ

名無し2

道交法違反だ! この犯罪者め!」

名無し3

通報しました

サトシ

えっ?走ってる途中に室内灯をつけるのって違反だったの・・・?

一応補足しておくと室内灯というのは、車内を照らすための照明のことですね

最近の車ではLEDライトが採用されていたりします

彼らはその室内灯をつけたまま走行すると道交法違反になるというのです

果たして本当なのでしょうか

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

結論

違反じゃない

そもそも「室内灯を点けたまま走行してはいけない」なんていう法律は存在しない

ではなぜ、彼らは違反だと騒ぎ立てるのか?

室内灯を点けると外が見づらい

夜に室内灯をつけると光が窓ガラスに反射して、運転手から外が見づらくなるという点があります

夜は外が暗いですから、明るい室内から暗い外を見るのは難しくなります

また、車を運転する人には安全な状態で運転ができるように努める義務があります

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない

道路交通法第70条

つまり、あまりに室内灯が眩しくて車の外を確認することが困難な状況になると、道交法違反になる可能性はあります

それでも室内灯をつけると直接的に道交法違反になるということはありません

少なくとも外が明るい昼間であれば室内灯を点けても車の外を確認するのは全く問題ないはずです

ではなぜ違反という認識が広まったのか

・「室内灯をつけると外がよく見えないから、なるべく点けたまま走行しないようにしましょう」(推奨)

・「室内灯を点けたまま走行すると危険。点けたまま走るなんてありえないよ」(注意)

・「運転手は安全な状態で走行しなきゃダメだ。室内灯をつけると道交法の可能性もあるぞ」(警告)

・「室内灯を点けたまま走るのは道交法違反だ!」(強制)

これは想像になりますがおそらくこんな感じで、

最初は「点けないほうがいいよ」という注意程度のものだったはずなのに、そのうち

であるべき」という論調が強くなっていったのではないでしょうか

そしてそれを繰り返してるうちに「違反だ!」といった間違った解釈にまで発展してしまった、そんな気がします

テレビ局は撮影でよくやってる

よくテレビでドライブするシーンを流してますよね

あれって普通は夜になると演者の顔がカメラにうつらなくなってしまうので、室内灯どころかどでかいライトを点けて演者の顔をライトアップしています

もし室内灯を点けたまま走行するのが道交法違反だったとしたら、よくあるテレビの夜ドライブ企画はほぼ全てが違法になってしまいます

まとめ

走行中に室内灯を点けても違反じゃないので、必要があったら遠慮せずに点灯しよう!

ただし、運転手は外が見えづらくなるからほどほどにね♪

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら