3分でわかるサポカー

ツール, メーカーオプション

最近、サポカーという名前をCMとかでよく聞くようになりました。ただ、いまいちよくわからない人も多いと思うので3分でサポカーについて解説したいと思います

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

サポカーって?

政府が官民連携で進める「車の衝突事故を回避/軽減」するための装置を取り付けた車の名称。正式名称は「セーフティ・サポートカー」

元々は政府が主導するプロジェクトですが、最近これを採用する車メーカーも増えています

それがなんなの?

サポカーは車の事故防止や被害軽減が可能になります。また、お年寄りによるペダル踏み間違え事故の対策でもあります

サポカーが装着された車に乗ると保険会社によっては保険料が安くなるというメリットもあります。サポカーは大きく「サポカー」と「サポカーS」に分類されます

ちょー簡単に言うと、
・サポカー
→ 全てのドライバーに推奨される機能
・サポカーS
→ お年寄り向けの機能

と言えそうです

サポカーの詳細

サポカーは以下のように分類されています。サポカーSは「ベーシックが」一番機能が少なく、「ワイド」が最も充実しています

  • サポカー
  • サポカーS
    • ベーシック
    • ベーシック+
    • ワイド

1.サポカー

車を運転する全ての人に推奨される機能

走行中の衝突被害軽減ブレーキによってシステムが危険と判断すると自動でブレーキをかけ衝突を回避、もしくは被害を軽減する機能のこと

2.サポカーS

ペダル踏み間違えを防止する、いわばお年寄り向けの機能

サポカーの衝突被害軽減ブレーキに加えて「停止時からのペダル踏み間違い防止装置」がついています

2-1.ベーシック

時速30km以下で作動する低速衝突被害軽減ブレーキ(対車両)と、ペダル踏み間違い時加速抑制装置がついたもの

2-2.ベーシック+

衝突被害軽減ブレーキ(対車両)と、ペダル踏み間違い時加速抑制装置がついたもの。ベーシックが低速のみの衝突被害軽減ブレーキなのに対して、こちらは車速の規定がありません。つまりベーシックより強化されたものとなっています

2-2.ワイド

サポカーの中で最も豪華な機能がこちらの「ワイド」。歩行者に対する衝突被害軽減ブレーキに加えて、ペダル踏み間違い防止装置、車線逸脱警報や先進ライトを備えたものとなっています

「対歩行者」となっていますが、当然に「対車両」も含まれるものと思われます

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら