車のヘッドライトが暗くなった気がする?それHIDの寿命かも

2020年6月13日消耗品の交換

「最近、車のヘッドライトが暗い気がするんです、車を買った当初はもっと明るかったはずなのに・・・」

実はHIDヘッドライトは消耗品なんです

寿命があるんです

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

HIDの寿命

HIDは大まかに発光するバルブと、制御するバラストで構成されています

このバラストは十分な耐久性があり10年程度では壊れません

ところがHIDバルブ自体は大体1,500〜2,000時間で寿命を迎えると言われています

寿命というのは、光が突然消えてしまうことではなく、光量が新品の時と比べて70%以下に低下することを言います

HIDバルブの中にはガスが封入されていて、これが時間とともに抜けてしまうために起こる現象です

走行距離にして約7万km〜

この1,500時間という時間の長さは、走行距離にして約7万kmあたりで到達する時間です

この7万kmという数字は平均速度が時速25km、走行時間の半分はヘッドライトを点灯しているという前提です

ちなみに平均時速25kmという数字はそれなりに流れている街乗りの時の速さになります

高速道路を中心に走るような車では平均70km程度は出ますからもっと長い距離になり、

反対に渋滞や信号の多い街乗り中心であればもっと短い走行距離で到達してしまいます

※ちなみに東京都内の平均時速は約19kmとなっていますので参考までに

目安の走行距離

主な運転状況平均速度寿命に到達する距離
街乗り主体(遅め)時速20km60,000km
街乗り主体(早め)時速25km75,000km
空いてる幹線道路が主体時速30km90,000km
全国平均時速36km108,000km
高速道路が主体時速70km210,000km

全国平均では大体走行距離が10万kmを超えたところで寿命ということになります

ただし東京都内の方は6万km手前で寿命となりますから、かなり地域差はあります

また、夜間を中心に走る車の場合はもっと早く寿命に到達します

(※ 運転中の半分の時間はヘッドライトを点灯しているという前提で算出)

徐々に暗くなる

HIDヘッドライトの光量はいきなり落ちるわけではなく、徐々に低下していきます

ですから常に運転してる人にとっては気がつきにくいという特徴があります

また、上の表にある時間まで確実に使えるかというと光量は70%まで落ちていなくても、確実にヘッドライトは新品の時と比べて暗くなっています

ですから夜間の街灯の少ない峠道や田舎の道路では、見にくくなってることは間違いありません

HIDバルブの種類

HIDバルブには種類があるので、ご自分の車にあったバルブを選択する必要があります

交換自体はさほど難しい作業ではありませんが、車によってはバンパーを取り外す必要があるので多少時間はかかります

形状

HIDバルブの形状には種類(D1〜D4)があります

D1とD3は主に欧州車などに装着されているHID。D2とD4は国産車を中心に装着されています

D2R,D2S

例えば国産車に多く採用されているD2には、D2RとD2Sという2タイプがあります

D2Rはリフレクタータイプ、D2Sはプロジェクタータイプです

ご自分の車のヘッドライトがリフレクタータイプなのかプロジェクタータイプなのかで選ぶバルブが違います

D3

一応製品は存在しますがあまり採用されていないタイプのバルブです

D4

暗いことで有名なバルブです

見た目はD2と全く同じですが明るさはかなり違います

それもそのはず、D2はD4の倍の電圧(85V)をかけています

よってD2その互換性はなく、

「自分の車のD4バルブが暗いから、形が同じD2バルブに交換したい!」

と思っても残念ながら交換できません

光の色

純正装着されているHIDは大体4000k〜4500kの色温度です

色温度とは数値が低いとハロゲンのような黄色味がかった色で、高いほど青みがかった色になります

人間の目に見やすいのは大体4000k〜6000kと言われていますから、その範囲で選択すると良いでしょう

ちなみに6000kあたりがもっとも純白に近い色で人気があります

オススメのHIDバルブ

HIDバルブは探せば安価な中華製が見つかりますが、品質と信頼性でフィリップスを選択することをオススメします(3年保証もついてますし)

D1S

輸入車で多く採用されているD1のプロジェクタータイプ

主な車種

Aクラス、Cクラス、Eクラス、3シリーズ、ゴルフ6など

D2S

純正HIDとしてはおそらく最も多く採用されているD2のプロジェクタータイプ

国産・輸入車の両方で採用されています

主な車種

フィット、ハリアー、デミオなど

D2R

こちらも多くの車種に採用されているD2のリフレクタータイプです

主な車種

ステップワゴン、エルグランド、オッティ、セレナ、ノート、マーチ、アクセラ、ワゴンRなど

D4S

多くの国産車で採用されているD4のプロジェクタータイプ

主な車種

プリウス、マークX、ノア、シエンタ、エスティマ、ムーブなど

D4R

D4のリフレクタータイプ

主な車種

ハイエース、タント、スペーシアなど

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら