自動車保険を中断する時は要注意!中断証明書の罠

2020年7月30日車の保険

コロナの影響により、車を一時抹消登録しました

そのやり方や自動車税還付金のもらい方については、こちらの記事に書いてますのでよろしかったらご覧ください

その後、加入している自動車保険についても解約して中断証明書をもらおうと考えていましたが、調べてる過程で中断するとむしろ高くつくことがわかり継続することにしました

任意保険の中断について考えてる方の参考になればと思い、レポートします

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

自動車保険中断の罠

自動車保険中断の罠

自動車保険について、私の当初の計画では以下の感じでした

今月中に自動車保険を解約

中断証明書を発行

再び車を使うようになったら保険を再開

すごくシンプルです

中断証明書があれば、以前の等級を引き継いだ状態で保険を再開できます

私が加入してる自動車保険はSBI損保なのですが、SBI損保ではインターネットから手続きをすると割引が適用されます(インターネット割引)

しかし中断証明書を使って再契約をする際には、このインターネット割引が適用にならないんです

中断証明書を使ってインターネットから申し込むフォームが存在しないため、オペレーター対応となるからみたいです

これは自動車保険を中断→再開する際の大きな罠です

ちなみにSBI損保のインターネット割引は10,000円です

せっかく中断証明書を発行してもらって保険料の支払いをせずに済むといっても、再契約する時に1万円上乗せされるのですから保険を中断する旨味が少なくなってしまいます

中断期間が数年単位であればそこまで大きなインパクトではありませんが、そもそも年間14,450円の保険料に対して、数ヶ月程度の中断で1万円上乗せされるはとても痛い金額です

確かに中断証明書はその時点での等級を保ったまま最大10年間は有効なので、数年単位で海外に転勤するような人にとってはお得な制度です

しかし私のように、1年以内程度の中断の場合はそこまで大きな恩恵を受けることができませんでした

これはSBI損保に限らず、申し込み時にネット割引を適用してる自動車保険なら皆同じだと思われます

中断することだけに気を取られて、再開時のことまで考えてないと損をする場合があるのでお気をつけください

解約の返金額は月割りじゃない

自動車保険の返金は月割りじゃない

契約年度の途中で解約するので、返金もあります

私の自動車保険の保険料は年額14,450円です

一月あたりに換算すれば1,204円ということになります

本日時点で、契約期間は残り2ヶ月と16日あります

ということは、普通に月割りで考えれば少なくとも残り丸々2ヶ月分は返金の対象なはずなので、2,408円の返金があるのかと思ってましたがそうではありませんでした

SBI損保は解約時の返金の計算方法を公開してません

解約返れい金(解約返戻金)

お客さまからのご請求により保険契約を解約した場合に、既に経過した期間に応じてお返しする保険料のことです。 * 解約日により返れい金の有無や金額は異なります

https://faq.sbisonpo.co.jp/faq/show/250?category_id=33&site_domain=term

そこでサポートデスクに電話して確認したところ、今すぐに解約しても返金してもらえる金額は1,450円ということでした

つまり、自動車保険の保険料は自動車税のように単純に月割りにはならないということです

これも年度の途中で解約する人にとっては罠と言えます

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら