まだ切り返してるの?駐車するときに一発で停めるやり方!

2020年6月12日運転

買い物に行って車を駐車するときに、切り返さずに一発で停められるとカッコイイですよね

運転はそれなりにしてる人でも、なかなか一発で決められる人は少ないのではないでしょうか

切り返し回数が少ないということは、単純にカッコイイだけでなく駐車する際の時間短縮にもなりますし、後ろで駐車するのを待ってる車にも迷惑をかけないで済みます

「自分は運転技術がないから」と諦めていませんか?

実は運転技術ではなく簡単なポイントを押さえるだけで誰でも駐車が上手くなります!

一発で停められるようになるかは保証できませんが、少なくとも切り返し回数は激減すること間違いなしです!

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

日本ではバックでの駐車が主流

アメリカなどの広大な敷地を持つ場所では、車を前から駐車して前から出て行く方式が一般的ですが、日本のような狭い国土だとそうもいかず、バックから停めて、前から出て行くのが一般的となっています

前からの駐車に比べて、車をバックさせながら駐車させる方が技術的に高いレベルを要求されるのは間違いありません

実は縦列駐車は少数

日本で普通自動車の運転免許を取ると、教習所で縦列駐車が必須項目となっている所もあります

しかし、日本では縦列駐車はむしろ少数です

都心部では道路脇にパーキングメーター式の駐車スペースがあり、これは縦列での駐車となりますが、スーパーやコインパーキングなど、ほとんどのケースでは車を並列に止める「車庫入れ」が大多数です

そのため、今回は縦列駐車ではなく、日本で大多数をしめる並列式の「車庫入れ」駐車方法で説明します

やってしまいがちな駐車方法

それでは、まずは大勢の人がやってしまいがちな後ろ向き駐車を紹介します

状況

状況ですが、左に車が2台停まっています

その間のスペースに駐車しようとしているのが右側の車です

車種はトヨタプリウス

停車位置

ドライバーは車の駐車スペースを目視で確認後にそのスペースを通り過ぎ、この位置で車を停止してからハンドルを右側に切り始めます

バックの開始位置

そして、この位置からギアをバックに入れて後退を始めました

駐車完了

しかし、1回で駐車する事ができず合計4回の切り返しを行いました

所要時間は2分20秒でした

上手なドライバー

次は、正しい(上手なドライバーの)駐車のやりかたです

停車位置

上手なドライバーが運転する車は、この位置で車を停車させ、同時にハンドルを右いっぱいに切ります

バックの開位置

そのまま前進した後、この位置から後退(バック)を開始します

駐車完了

そのまま切り返す事なく、一回で駐車完了しました

かかった時間は42秒です

下手な人と上手い人の違い

それでは、下手な人と上手い人の違いを見ていきたいと思います

ハンドルを切り始める前の停車位置

はい、ここです!

上手なドライバーと下手なドライバーの明確、かつ、最大の違いはここです

左側は上手なドライバーで、右側は下手なドライバーです

ハンドルを右に切り始める前の停車位置を見比べてみると、駐車する左側の車に対するスペース(距離)の違いがわかります

左側の上手なドライバーは停車中の車に対して50cm程度に寄せてるのに対して、右側の下手なドライバーは1m近く距離が開いている事がわかります

バックの開始位置

最初の出だし、つまり停車する左側の車に対する距離の違いで、バックの開始位置がこんなにも変わってきます

左側の車は駐車するスペースに比較的近い距離なのに対して、右側の車は遠いため、必然的にここから駐車するのは難しくなってきます

また、左側の方が緩いカーブで駐車スペースに入れるのに対して、右側ではかなり鋭角に、きついカーブで入らなければならないのはわかります

こうなってしまうと、右側のドライバーは切り返さないと駐車スペースには入れません。

車両後部のスペース

そのままバックして行くと、左側と右側では車両後部のスペースの違いがある事がわかります

また、車と駐車スペースに対する角度が全然違いますよね?

右側に比べて左側の方が、はるかに簡単に駐車できそうです

切り返し

その後、右側のドライバーは4回の切り返しをしてやっと駐車する事ができました

もしも自分が右側のドライバーで、後ろに駐車を待ってる車が来ていたら焦ってしまいますよね!?

駐車のポイント

それでは駐車時のポイントをおさらいします

大事な事なので

1.駐車スペースと車の距離を近づけるべし

駐車するスペースに近づいたら、出来るだけその駐車スペースと車の距離を近づけます

理想は50cm以内でしょう

上記の写真は車と車の間に駐車する例ですが、家の駐車場でも同じ事です

とにかく、車を駐車スペースに寄せます!

これが最も大事な事です

2.駐車する場所を通り越したら停車するべし

そして、運転席から見て、大体駐車スペースを通り過ぎたタイミングで停車させます

そこからハンドルを右に思いっきり切ります

停車させたままでハンドルを切ることに抵抗がある人は、少しだけ徐行させながら切っても良いです

この2つができれば、あとは簡単です

試してみると、いつもより簡単に駐車できることに気づくと思います

運転し始めの人やペーパードライバーの方は車幅感覚があまりないので、車を寄せられないケースも多いと思います

しかし、上記の2点だけを守ればあとは難易度がグッと下がります

ゆっくりでも良いので上記だけは確実に実行しましょう

逆にそれが早く駐車することにつながります

「急がば回れ」

後ろに駐車待ちの車が待っているような時こそ、この2点を着実に実行する事が大切です

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら