日本では車の維持費の実に約◯◯%が税金だった!【納税】

2019年11月2日維持費

日本で車を乗る上で避けて通れない税金たち。
自動車税に始まり、重量税、ガソリン税など

そこで今回は、車を持つことでどのくらい税金を払っているのかを
紹介してみたいと思います。

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

車に関わる税金一覧

【頻度:高】給油のたびに払う税金

ガソリンに含まれる税金

  • ガソリン税(本則税率)
  • ガソリン税(暫定税率)
  • 消費税
  • 石油税

(※税率の高い項目順)

例えば、ガソリン1リットルが150円だった時は、
・ガソリン税(本則税率)29円
・ガソリン税(暫定税率)25円
・消費税 11円
・石油税 3円
・本体価格 82円

となります。

なので、ガソリン代は実に45%が税金になります。

【頻度:中】毎年払う税金

自動車税

毎年4月1日時点で自動車を所有してる人にかかる税金です。
税額は排気量で決まります。
以下、代表的な一例

軽自動車10,800円
普通車(1,000cc以下)29,500円
普通車(1,000cc超え〜1,500cc以下)34,500円
普通車(1,500cc超え〜2,000cc以下)39,500円

【頻度:低】車検のたびに払う税金

自動車重量税

車購入時、もしくは車検時に払う税金で、車の区分や重量によって変わります。
また、エコカー適用者は減額される制度もあります。

【頻度:低】車購入時に払う税金

自動車取得税

自動車を取得(購入)した時にかかる税金です。

軽自動車取得価格×パーセント
普通自動車取得価格×パーセント

消費税

車購入時に、車体価格にかかる税金です。
2019年時点では税率は8%です。
(※車体価格の他にも、オプションやガソリン代などにも課税されています)

モデルケースで見る税金額

車にかかる税金一覧を紹介しましたが、パーセントで表示されてもいまいち実感しにくいというか、
わかりにくいと思うので、モデルケースを想定して具体的な金額を出してみます。

今回のモデルケースはこちら

  • 藤井正さん(28歳・男性) 神奈川県在住
  • 車はホンダ フィット(エンジン排気量は1.5L)
  • 車の使用目的は主に週末のレジャーのみ
  • 駐車場は月極め
  • 年間走行距離は7,000km

年間の維持費

まずは、藤井さんが車を所有する上で必要な年間の費用を算出します。
なお、駐車場代や任意保険代金などは人によって金額は変わりますが、
ここは藤井さんのケースということで計算しています。ご了承ください。

【自動車税】
34,500円/年

【ガソリン代】
65,500円/年
(※ 燃費を15km/L、レギュラーガソリン代が140円/Lで計算)

【任意保険】
15,000円/年
(※ 車両保険なし、26歳以上限定、ネット保険会社で契約)

【駐車場代】
8,000円/月

【車検代】
100,000円/2年毎
(※ メンテナンス費も含む)

計 261,000円/年

そのうちの税金額

【自動車税】
34,500円/年

【ガソリン代】
29,475円/年
(※ 税率45%で計算)

【任意保険】
0円
(保険は消費税の対象外)

【駐車場代】
0円
(駐車場代は消費税の対象外)

【車検代】
24,600円
(※ 重量税)

税金 計88,575円/年

というわけで、藤井さんの場合、車を所有する事で
年間約8万9千円支払っています。

年間あたりの総支払額に対して実に
33%にも登ります。

3割も税金を払ってると思うと、ゾッとしますね。
現在の日本の消費税は8%です。
100円の商品を買ったら消費税がついて108円になります。

単純に考えると、これが車に当てはめると133円になるわけですから、
とんでもなく高い税率だと言えそうです。

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら