アウディTTがついに廃止!?次期型は?

2020年6月13日電気自動車

アウディのTTといえば、フォルクスワーゲングループのアウディが誇るコンパクトスポーツカーです

コンパクトかつスポーティーな車でカッコ良いですよね

ところが、そのアウディ TTがこの度、

先月のアウディの株主総会において廃止になることが発表されました

つまり従来のアウディTTは三代目である現行型で終了ということになります

近年では珍しいスタイルの車だっただけに残念です

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

次期型は電動化

ところが、なんと次期型が電動化して復活するとのこと

今のフォルムを保ったまま動力源だけEV化されるのか興味深いところですが、まだ詳細は発表されてません

アウディは最近、EV車のe-tronを発表していますから、そのEV化の技術が次期アウディ TTにも採用されるのかもしれません

e-tron

復活するとはいえ、EV化するわけですからエンジン形式のアウディTTは現行型で終了するわけです

エンジンのTTが欲しい人は今のうちに現行型を購入することを検討しておく必要がありそうです

アウディ TTの歴史

名前の由来

イギリスのマン島で毎年開催される「TTレース」のTT(ツーリスト・トロフィー)から命名されました

初代

【販売年】
1998-2006

【エンジン】
1.8リッター
3.2リッターガソリン

【ボディサイズ】
全長 4,041mm
全幅 1,764mm
全高 1,346mm

二代目

【販売年】
2006-2015

【エンジン】
1.8リッター
2リッター
2.5リッター
3.2リッター

【ボディサイズ】
全長 4,178mm
全幅 1,842mm
全高 1,352mm

三代目(現行型)

【販売年】
2015-

【エンジン】
2リッター

【ボディサイズ】
全長 4,180mm
全幅 1,830mm
全高 1,380mm

中古相場

初代なら50万円で買える

初代モデル(走行距離10万km以内、修復歴なし、1.8Lガソリンエンジン)であれば、50万円で購入できます

ただし、年式的に2003年あたりの車になりますので、既に15年落ち以上になります

ちゃんと整備されてる個体を選びたいところです

二代目でも80万円代

初代と比べてスッキリした顔立ちで、ほぼ現行車と近い二代目ですが、それでも80万円代から購入できます

(2007年以降・走行距離10万km以内・修復歴なし・2Lガソリンエンジン)

現行型は270万円から

流石に現行型ともなると270万円を超えてきますが、2015年以降になるので、実質4年落ちですからしょうがないですね

とはいえ新車価格はベースグレードの1.8リッターモデルでも470万円しますので、

「4年で200万円値段が下がった」

と考えればお値打ちかもしれません

いずれにしろアウディTTのエンジンモデルはこの型で最終となりますので、出来るだけ新しいアウディTTのエンジンモデルが必要な方は選択の余地はありませんね

狙い目は二代目モデル

個人的には二代目モデルが狙い目かと感じました

確かに現行型と比べると、安全装備やバーチャルコックピットの様な目を引く装備はありません

バーチャルコックピット

しかし、型落ちモデルならではの安さがあります

それに外観はパッと見ても現行型とそれほど大差ない様に感じます

流石に二代目とは言っても、最初期では2007年からなので既に12年落ちですから古さは否めません

ですから2010年〜2013年あたり(9年〜6年落ち)に絞って見ると、価格は120万からありそうです

120万円代で6年落ちのアウディTTが手に入ると思えば、どうでしょうか?

ちょっとは欲しくなってきませんか?


損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら