GSR250のエンジンオイルをDIY交換(1年半ぶり)

DIY,バイク

ホビーライダーである私は、バイクの年間走行距離が2,500km程度

GSR250はサービスマニュアルによると5,000kmほどで交換指定となってるので2年は交換しないつもりでした

んが、先日久しぶりにながいながい冬の冬眠期間から解放して乗ってみたところ、

なんか、ミョ〜にシフトに入りが渋い。。

モーターのように滑らかに回っていた80km/h台でも振動が出る。。。

これは、エンジンオイルが原因に違いない!

というわけで、いてもたってもいられなくなり急遽交換することにしました

私の車の保険料は年12,860円です(しかも輸入車)

年間の保険料12,860円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

購入したドリンク

エンジンオイルは色々迷いましたが、結局今回は「UTC バイク用4サイクルオイル」にしました

私の場合は時間がなかったので近所のホームセンターで買いましたが、Amazonで買う方が安かったです

ちなみに写真左側に置いてあるメロンクリームソーダは私への注入用です

間違ってバイクへ注入してしまわないように細心の注意を払って作業を行いました

created by Rinker
UTC(新日石トレーディング)
¥855(2024/05/22 00:48:57時点 Amazon調べ-詳細)

ドレンボルトのワッシャーは消耗品なのでちゃんと交換しておきます

GSR250用のサイズは内径14mm,外径20mmでした(厚みは1mmか1.5mm)

これまた時間がなくて近くのアストロプロダクツで購入しましたが、Amazonでストレートのパッキンを買った方が1枚あたりの価格は安かったです

エンジンオイルを抜く

バイクはすでにエンジンオイルを買いにひとっ走りしてるので、油温は十分にあったまってる状態

フィラーキャップも念の為開けておきます

オイル受けとして使用するのは、なにかと愛用している以前ダイソーで購入しておいたバーベキュー用の何かです

さっそく17mmのドレンボルトを外すと、、

黒くなったエンジンオイルが勢いよく出てきました

うーむ、それにしても、、、

なかなかの汚さ

交換しておいて良かったかも。。

この後、1時間くらい放置(お昼を食べてたとも言う)してからドレンボルトを取り付けました

ちなみにドレンボルトの締め付けトルクは23 N·mです

エンジンオイルを入れる

あとは買ってきたUTCのエンジンオイルを入れるだけです

ちなみにGSR250はエンジンオイルエレメントを交換しない状態で、2.1L入ることになってます

が、多分足りるだろうとオイルは2Lしか買ってません

エンジンを始動してしばらく回したあと、サービスマニュアルに記載の通り数分後に点検窓を見てみると、

やっぱりちょっと足りてない。。

写真ではFとLの中間くらいに来てるように見えますが、エンジン停止後数分たった時点ではLの少し上くらいの位置でした

まぁ、Lowerを下回ってないからひとまずは良しとしよう

試乗

エンジンオイル交換後、軽く試乗してみました

結果、エンジンからの微振動がかなり少なくなりました!

と言うより、本来の性能に戻ったっていう感じです

エンジンオイルって交換すると効果が体感できるから、交換しがいのある消耗品だといつも思います

まぁ、今回はかなりお安い鉱物油のエンジンオイルにしたので、また2,000kmくらい走れば振動が気になり始めると思います

お高い合成油のオイルで2年無交換か、安い鉱物油で1年おきに替えるか、悩ましいなぁ・・

それにしてもバイクのエンジンオイル交換は車と比べると簡単で良いですね♪

かかった費用

エンジンオイル1L×2本2,197円
アルミワッシャー(1枚分)60円
合計2,257円

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら