車には平均1.3人しか乗ってない!?本当にミニバンは必要か

考察

車って2シーターを除けば基本的には軽自動車なら4人、普通車なら5人〜8人乗りが多いですよね。
でも実際にはフル乗車してる車を見かけるのは稀ではないでしょうか。

主観ですが、ほとんどの車はだいたいが運転手のみか、もしくは運転手+1名程度な印象です。
たまーに、休みの日に家族4人とか5人でワイワイと乗車してるのを見かける程度。

そんな印象を持ってる人はいると思いますが、実際に統計データを見てもほぼ同様の内容となっていたので紹介したいと思います。

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

平均1.31人

国土交通省が発表した最新のデータによると、平成27年時点での「平均輸送人数」は1.31人でした。
平均輸送人数とは、1台の車あたりの乗車人数のことです。

下の青い棒線が自家用乗用車のデータになります。
なぜ平成27年が最新なのかというと、5年ごとに調査が行われているからです。

平成2年の平均輸送人数は1.39人でしたが、そこから徐々に減り続けていることがわかります。

ほとんどは一人乗車か

休日のレジャー用途などを除けば、通勤や買い物などではほとんどが一人で乗車してるのではないでしょうか。

そう考えると、乗車人数だけで言えば軽自動車でも十分だし、あまりミニバンをであることの意味がないのかもしれません。

普段は維持費の安い軽自動車で通勤や買い物に利用し、家族で出かける週末にミニバンをレンタルする、といった利用方法の方が年間あたりの維持費は安く抑えられるかもしれません。

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら