輸入車における左ハンドルのメリット

2020年6月13日輸入車, 運転

最近は減ってきましたが、一昔前の輸入車といえば左ハンドルが一般的でした

一方で、最近の輸入車は一部のモデルを除き基本的に右ハンドルの車が選べます

右側通行の日本において左ハンドルは不便な存在ですが、

輸入車を選ぶ上で左ハンドルを選んでおいた方が良いケースがあります

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

左ハンドルの方がペダルレイアウトが良い

全ての輸入車の右ハンドルでペダルレイアウトが悪いかというとそういうわけではないのですが、

輸入車の中でも比較的安価な車では、もともと左ハンドルの設計を無理やり右ハンドルにしてる場合があります

高級車ではしっかりとコストをかけて右ハンドル用にレイアウトを持ってこれるのかもしれませんが、

大衆車ではあまりコストをかけられない関係からか、左ハンドルに比べて酷いペダルレイアウトの車を見かけます

右ハンドルはアクセルペダルが左寄り

右ハンドルの車はドライバーの右足部分に右フロントタイヤがある関係で、

アクセルペダルが中心(左)方向にずれがちです

短時間ならあまり気になりませんが、長時間この体制で運転していると、

体のねじりなどから体に痛みを発生させ、疲労にもつながります

ゴルフの場合

上記の写真はVWゴルフの取扱説明書です

世界的にコンパクトカーのベンチマークとして有名なゴルフですが、そのゴルフも左ハンドルと右ハンドルではペダルレイアウトが違います

上記画像は左ハンドルと右ハンドルの両方の場合で説明されているのでわかりやすい例となっています

「左」と書いてあるのが左ハンドルで、ハンドルのセンターに赤い線を引いています

そのセンターラインとアクセルペダルの位置を見比べてみると、ハンドルセンターからかなり右方向に配置されていることがわかります

一方、「右」と書かれている右ハンドルでは、ハンドルセンターから割と近い位置にアクセルペダルが配置されていることがわかります

つまり左ハンドルの方が、両足がまっすぐに伸びたストレスのない状態のポジションを取れるのに対して、

右ハンドルは両足が少し左寄りに寄ったポジションを取ることになります

メーカー思想が現れるペダルレイアウト

ベンツ

こちらはEクラスのペダルレイアウトですが、しっかりとペダルは右側に寄っています

みるからに足がリラックスできそうなペダル配置です

これだけペダルがしっかりと右側に配置されていれば、左ハンドルにする必要性はありませんね

アウディ

アウディの場合、ペダルが左寄りにオフセットされていることもありますが、

それ以上に、左足を置くフットレストが右側に張り出しているのが問題です

これによって右足が常にブレーキペダル方向にずらされます

上記の写真を見てもわかりますが、窮屈そうに感じませんか?

両足を強制的に少し閉じた状態で座る必要があるため、長距離では足が痛くなる人もいます

アウディの購入を検討している人は、フットレストの確認をお勧めします

ただし、試乗では問題なくても長距離で気になるケースがあるのが難しいところです

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら