逆走車を避けるのは無理ゲー!?衝突必死な高速の逆走

2020年6月13日交通違反, 自動車事故

もしも高速道路で逆走車に遭遇してしまったら?

あまり報道されませんが、日本では年間200件以上の高速逆走が発生しています(ネクスコ中日本だけで)

逆走車と衝突するとどうなってしまうのか、衝突しないためにはどうしたら良いのかを紹介します

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

関越道の逆走事故

12月1日、関越自動車道で80歳の運転する車が高速道路を逆走し、正面衝突する事故が発生しました

その事故で逆走していた80歳の男性は死亡、追い越し車線を走っていた車の男女二人が重軽傷を負いました

手前に見える車が逆走していた軽自動車、奥に写ってるのが追い越し車線を走っていた普通車(ミニ)です

逆走車との相対速度は時速200km

高速道路は基本的に時速100kmで走行します

そして逆走車も時速100kmで走行するので、その2台の相対速度は時速200kmにもなります

これは言い換えれば、止まってる車に時速200kmで衝突するのと同じことです

いくら最近の車はエアバッグや衝突安全ボディになっているからと言っても、まともにぶつかったら生存できる可能性は低いでしょう

逆走車のシミュレーション

上記の動画はJAFが逆走車に遭遇するシーンをシミュレーションしたものです

追い越し車線を走行中、前方のトラックが走行車線に避けたと思ったらすぐに逆走車が迫ってきます

この動画では運よく回避できる状況ではありますが、もしも前方のトラックとの車間距離がもっと短かったらどうでしょうか?

トラックが左に避けてから逆走車が見えるまでの時間がもっと短くなります

もしも左の走行車線を走る車(プジョー)がほとんど同速度で並走していて、走行車線に避けるスペースがなかったら

第一、このシミュレーションは逆走車が来るという前提だから避ける心の準備がありますが、ふだん高速道路を運転してる時に逆走車が来るなんて考えもしませんよね

つまり、ちょっとでも状況が悪かったら、逆走車を避けるのは無理ゲーです

車は時速100kmで衝突するとどうなるのか

ちょっと古い映像となりますが、時速100kmで車が衝突する動画です

車両はVWゴルフ4です

車は大破し、ダミー人形もかなりのダメージを負っていることがわかります

この動画によると、時速64kmまでは生存率が100%近くを保っているものの、

時速64kmを過ぎると急激に生存率は低下し時速100kmではほぼ0となっています

もちろん10年前のデータですから、現在の車ではまた違った結果になるとは思いますが、一つの参考にはなるかと思います

この動画でもわかるように、時速100kmの衝突でも凄まじい衝撃であるのに、相対速度200kmの衝突ともなれば命を落としてもおかしくない状況であることがわかってもらえたかと思います

逆走車は追い越し車線上でやってくる

ネクスコ中日本の調査によると、多くの逆走車は追い越し車線上を走ることがわかっています

それは逆走車が走行車線と思って走ってる道路が、実は追い越し車線であるからです

逆走車から見る光景

逆走車のドライバーは左側、つまり走行車線を走ってると"思ってます"

追い越し車線を走る車から見る光景

しかし、追い越し車線を走る車のドライバーから見ると、追い越し車線上で正面からやってくることになります

当然ですが、高速道路では追い越し車線を走る車の方が速度が速いので、余計に危険な状況となっています

逆走車対策には走行車線が有効

逆走車に対しては、走行車線を走っていた方が衝突する確率が低くなることは確かです

もともと追い越し車線は追い越しの時のみ走行する車線でもあるわけですから、逆走車対策としても意識的に普段から走行車線を走る癖をつけておきたいところです

これからも増え続ける逆走

あまりニュースにはなっていませんが、高齢者による自動車事故は全国のあちこちで発生しています

自動車を所有している人の高齢化が進んでいますから、ある意味当然の結果とも言えるのかもしれません

しかしこれは、逆走車がこれからも増え続けることを示しているわけです

高速道路の逆走も、私たちの身近なところにまで迫っているのかもしれません

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら