ライズを試乗した結果【悲報】

2020年6月12日SUV全般, レビュー

先日、Rav4を試乗した記事を書きましたが、その際に同時に乗らせてもらったライズのレビューです

ライズはロッキーと兄弟車でありながら、今、爆発的に売れてる車です

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

結果

まじいらない

正直がっかりした

こんなひどい車久しぶりに乗った気がする

プロボックスに乗ってるのかと錯覚する様な乗り心地

ライズって今売れてるらしいけど、みんな本当に試乗してから買ってるの?ねえ?

以上

プロボックスとは?

サクシードと並ぶトヨタの商用バン。乗り心地は商用車らしく荒々しさがすごい。ぶっ飛ばしてるプロボックス/サクシードをよく見かけるけど、あれは時間がないって理由だけじゃなくて、疲れるから早く目的地に着きたいって言う意味も込められている

もっと詳しく

トヨタディーラーの敷地から出るまでのたったの10m走っただけでわかった

車体の動きがいかにも安い国産車丸出し

Rav4みたいな重厚感、落ち着きが皆無

最近の軽自動車にさえ負けてる

良いところはSUVとしてはサイズがコンパクトなぐらいしか見当たらなかった

あっ、エンジンは1Lにしては元気が良かった

詳細

インテリア

メーターは完全にデジタル表示でアナログ計は一切残ってない

この辺は好みが分かれそうだけど、パチンコみたいな液晶画面はそこまで違和感はなかった

後部座席

コンパクトSUVなのでしかたないんだけど、やっぱり後部座席は狭い

写真は運転席を自分のポジションに合わせてから後部座席で撮影

自分の場合だと膝が前席シートに当たってしまう

日本の平均的な成人男性だとあまり余裕はないと思う

あくまでお買い物用途、もしくは後席には子供を載せる程度の認識の方が良いだろう

乗り心地

上にも書いた通り、安い国産車の乗り味そのもの

段差を乗り越えるたびにヒョコヒョコと車体があちらにこちらにせわしなく動く

長距離では絶望的に疲れること間違いなし

たぶん長距離を走った時の疲れ感はラダーフレームの新型ジムニーと大差ないと思う

これだったら個人的にはジムニーを買う

この車で往復200km、300kmの旅をするのはかなりの体力を要すると思う

あくまでお買い物用途

長距離・長い時間乗ってはいけない車

コントロール性

ハンドルにはチルトのみでテレスコピックがついてなかった

しかも妙にハンドルが遠くの方にある気がした

Rav4の優秀なテレスコピックを味わった後だからなおさらそう感じたのかもしれない

それからハンドルとペダル類の操作感がチグハグだった

具体的に言うとハンドルとアクセルペダルは妙に軽いのに、ブレーキペダルはやたらと重い

アクセルペダルは軽いからちょっと踏み込んだだけで「グワンッ」と加速するのに、ブレーキペダルは重くて遠くの方で効き始める感じで、操作量/重さが一定じゃないから違和感がすごい

アクセルペダルが軽すぎて、高速道路では一定の速度を保つにはかなり足首の力を必要とするだろう

さらに軽さゆえに一定の加速感を出すことが難しくてどうしても段付きができやすい

重いアクセルペダルに比べて相当神経を使った操作を要求される

ペダルの踏み間違え事故って、案外こういう小さな操作感の違いから始まってるんじゃないかな

トランク

コンパクトSUVなので、トランクスペースはこんなものだと思う

大きめのスーツケースでも1個ならギリギリは入るかもしれない

そんなサイズ

ライズはRav4の弟ではない

妹だ

なんてオチもない

ライズとRav4は見た目が似てるから、兄弟分なのかと思って期待してたけど全然そんなことなかった

連れ子のいる親同士の結婚で、見ず知らずの人たちが兄弟になって、表向きは兄弟だけど血の繋がりはないってくらいに違う

スーパーGTが

「見た目(ガワ)は市販車だけど、中身はぜんぜん市販車と違うじゃん」

ってくらいに違う

最後に

昨日書いたRav4のレビューと比べると、相当あっさりした内容となった今回の記事

本来ならRav4の様に試乗した車のグレードとか書くべきなのかもしれないが、正直な話トヨタディーラーの敷地から出る段階で乗り心地に関してはほぼわかってしまったので、もうその時点でがっかり感が強くどうでもよくなってしまった

結局そのがっかり感は試乗コースを1周して帰ってくる間に確信に変わった

ライズの魅力は、それまでありそうでなかったSUVとしてのボディサイズにあると思う

確かにRav4に比べたら全幅は狭くて、細い都内の路地でも運転しやすい

でも乗り心地が絶望的と言うか、今までのトヨタの乗り味そのもので、

「悪い意味で裏切らないトヨタ」は健在だった

それでもライズはコンパクトだし、視点も高いからお買い物用・チョイ乗り用の車としては良いのかもしれない

しかし、買い物やチョイ乗りだけのために軽自動車ではなくあえてこの車を買える人は、金銭的にかなり余裕のある人だと言わざるを得ない

ライズは全てが短距離/短時間しか走らない前提で作られている

ライズはお手頃価格とはいえ、なんだかんだで乗り出し価格は200万円する

その"短い時間のためだけの200万円の車"と考えたら、えらい高級な車に感じるのは自分だけだろうか

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら