運転しててイラつく他車の行動ベスト5

2020年6月13日運転

車を運転してると、どうしても気になる他車の行動があります

そんな中でイラつく行動ベスト5をまとめてみました

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

イラつく運転

1.「え、そのタイミングで?」の急激な割り込み

これは割と郊外を走ってる時に多く発生するんですが、道路脇のお店や施設から道路への急激な割り込みです

自分の車の後ろには誰もいないことが多く、私の車が通過するのを待ってから道路に入ればいいのに、

なぜか私の目の前で強引に入ってきます

動画ではわかりにくいですが、この時私の車は結構強くブレーキを踏んでいます

百歩譲って、

「急いでるんならまだしょうがないかな・・・」

なんて自分を落ち着けますが、そういう車に限って強引に入ったのにも関わらず、すごい遅いノロノロ運転だったりするのでストレスがマックスです

2.あおり運転

これも最近ではおなじみですね

ちなみに、高速道路の追越車線などの流れの良い道路で煽られるのはカウントに入れてません

私が走行車線に移れば良いだけなので。

ただ、ちょっと常軌を逸したあおり運転をする方がたまにいます

2-1.前に車がいるんだけど・・・

高速道路の追越車線を走ってた時のこと

多分私の前には5台くらいの車が連なっていました

私はその最後尾で、前の車からある程度の車間距離を取って走っていたところ、後ろから猛烈な勢いでベンツが迫ってきました

そのベンツはぴったりと私の車の後ろにつけて、パッシングやウインカーを右に出して、

「どけどけ」とアピールしてきました

確かに追越車線を走ってましたが、私の前にも車が5台ほど連なっていて、その最後尾にいる私に対してあおり運転をしてくるのは初めての経験でした

2-2.いや、前、渋滞してるんだけど・・・

3車線ある国道を走ってた時のこと

そこは渋滞の名所で、長い直線で見通しが良いものの、信号が赤になるたびに多くの車が停車して渋滞する場所でした

私はよく通る道路なので、信号のタイミングも把握していました

勢いよく加速したところで先にある信号が赤になることはわかっていたので、比較的車間距離を多めにとって走っていました

そんな時に後ろの車(ハリアー)があおり運転+パッシングしてきました

多分急いでるのと、その道をあまりよく走ったことがないのでしょう。日曜日によく見かけるタイプのドライバーです

私の経験上、一般道路上で「早く行け!」とパッシングをしてきたのはそれが初めてだったのでびっくりしたのをよく覚えています

ちなみにその車はしびれを切らしたのか、違う車線から追い越しをかけて私の前に割り込んできましたが、

前は当然渋滞してるわけで、そのあとはしばらく私の前に居続けました

3.高速ブロック

高速ブロックとは高速道路上で全ての車線をブロックして「通せんぼ」されることです

これは新東名高速でよく遭遇します

しかもブロックしてくるのは、ほとんどが大型の輸送トラック

よくある光景としては、3車線ある道路上を左と真ん中の車線で時速89kmで走ってるトラック

それを右の追越車線から時速90kmで追い越しをかけるトラック

当然速度差は1kmとかそれ以下なので、追い越しが終わるまでひどい時は10分以上かかります

その間、後ろにいる車は通せんぼを食らってる状態なので、じーっと待っています

車線は全てトラックが並走してブロックされているので、追い越しできません

トラックはリミッターがついていて時速90kmとかそれ以上出ないようになってるのでしょうがないのかもしれません

しかしこの手のトラックドライバーは、

リミッターがついてるからしょうがないだろ

と言わんばかりに、当たり前のようにブロックをします

これは新東名の七不思議の一つですが。東京からの下りは90km程度で走行するトラックがほとんどです。しかし上りの東京への道では普通に時速100km以上出してるトラックをよく見かけます。上りの新東名はリミッターつけなくて良いの?リミッターはいずこに?

4.遅いのに絶対に譲らないマン

これも郊外の峠道とかでよく遭遇します

見通しがよく、空いている制限速度が40kmの道路を時速40kmとかそれ以下で永遠、ずーっと走るドライバー

そういうドライバーはだいたいバックミラーがあさっての方向を向いていて、後ろなんて見ていません

だから自分が渋滞を引き起こしてる張本人だという自覚ができないんでしょう

ゆっくり走っていても、後ろから車が来たら譲ってくれる運転手も中にはいます

でも下手な運転手ほど、譲らない傾向がある気がします

5.Nシステムでブレーキ

Nシステムが設置されてるのを見て、オービスと勘違いしてブレーキを踏むドライバーのことです

Nシステムは見かけがオービスと似ていますが、スピード取り締まりには使われていません

Nシステムとは?

カメラで車のナンバーを読み取り、犯罪捜査に使用するために設置されている装置です。
ナンバーのほか運転手や車の情報についても保存しています。
ちなみにNシステムのNとはナンバーの頭文字をとったものです

見た目が似てるのも要因なんですが、いつも同じところでブレーキを踏むドライバーが多いので、軽い速度低下を引き起こす原因になっています

ちなみに、オービスはこちら。見分け方としてはオービスは事前に警告看板があったり、カメラの隣にパトランプがあります

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら