軽自動車の白ナンバー化はあと半年で終了!黄色嫌いは急げ

2020年6月22日輸入車

軽自動車といえば黄色のナンバープレートですが、それを合法的に「白ナンバー化」できるのが記念ナンバーです

しかし、その記念ナンバーによる白ナンバー化ができるのもあと残り6ヶ月となりました

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

白ナンバー化できる特別仕様

白ナンバーに変更できる特別仕様のナンバープレートは、2つの行事によって可能となっていました

それが「ラグビーW杯」と「東京オリンピック」です

ラグビーW杯仕様はすでに終了

2019年にラグビーW杯が日本で開催されることを記念した特別仕様のナンバーはすでに終了しています

こちらは2019年11月29日までとなっていました

残すは東京オリンピック仕様のみ

そして残す白ナンバー化、最後の希望「東京オリンピック」仕様は9月30日までとなっています

そして、この9月30日を過ぎたら軽自動車を白ナンバー化する方法はありません

いくら嫌な人でも否応無く、軽自動車は全て黄色ナンバーになります

9月30日までに登録した人だけが唯一、日本で軽自動車に白ナンバーを許されるのです

9月に入ってからでは遅い?

もしも9月に車を購入して白ナンバー化を考えてる人は、それでは遅いかもしれません

なぜなら9月30日までにナンバーを取得する必要があるため、もしも納車に時間のかかる車だったら期限を過ぎてしまうかもしれないからです

例えば、納車にめちゃくちゃ時間のかかるジムニー(現在でも納車待ち1年と言われている)だとしたら、残念ながらもう今からディーラーに注文しても間に合いません

納車される来年頃にはすでに記念ナンバーが終了しているからです

なのでもしも新車の購入を考えていて、白ナンバー化したいと思っているのならば早めに動きましょう

中古車でも白ナンバーにできる

ちなみにこの制度は、何も新車に限った話ではありません。中古車でも白ナンバー化できます

なんならわざわざ購入しなくても、今お乗りの軽自動車でも白ナンバー化は可能です

さらに詳しく

詳細はこちらの記事にも書いていますので、よろしかったらご覧ください

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら