3月に車を買うと損?4月以降なら自動車税が1年無料に?

裏技情報

車の自動車税は皆さんもご存知の通り、4月1日時点で車を所有してると課税されます

だいたい5月ごろに納税通知書が届き、その年の4月から翌年3月までの税金を前払いするわけですね

じゃあ、4月1日以降に買えば、その1年分の自動車税はまるまる払わなくて済むのでは?そう考えたことはありませんか?裏技?天才?と

その脱税?とも言える方法は実際には使えるのか、そのあたりを解説いたします

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

普通車はNG

普通車は4月1日以降、いわゆる年度の途中に車を購入しても、自動車税は登録時に月割りで支払う必要があります

普通車の自動車税には、この月割りという制度があります

ですからたとえ4月2日に購入したとしても、5月から翌年3月までの自動車税は登録時に収めなければいけないことになります。裏技失敗、ゲームオーバーです

たとえば普通車を6月に購入したとしましょう

そうすると登録時に、翌月の7月から翌年3月までの9ヶ月分をあらかじめ収めることになります

つまり普通車は自動車税に関していえば、どの月に買っても同じことになりますから、むしろ2月/3月の決算期に買ったほうが値引きしてもらえる分、お得ということになります

軽自動車はOK

一方で軽自動車はどうなのかというと、こちらは普通車のような月割り制度がありません

つまり、たとえ年度の途中で購入したとしても月割りで支払う必要がありませんので、まるまる自動車税を払わなくて良いことになります。裏技成功、ゲームクリアです

たとえば6月に軽自動車を購入した場合、その年(翌月の7月から翌年3月まで)の自動車税を支払う必要がありません

そうなると自動車税という観点では出来るだけ4月1日に近い日に購入した方がお得ということになります

ベストは4月2日でしょう

4月3日から翌年3月31日までの、ほぼ1年間丸ごとの自動車税を払わなくて済むからです。まさに脱税ともいうべき裏技です(軽自動車はそもそも税額が普通車と比べて少額なので、あまりお得感はないかもしれませんが)

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら