バックミラー越しにちょくちょく目があう奴w

2020年6月13日車内環境

これは運転手にとってはあるあるかもしれませんが、

後席に人が乗ってる状態でバックミラーを見ると、ちょくちょく目があう事があります

目が合うとまでいかなくても、車の後方を確認したいだけなのに常に目に入ってしまう後席の人たち

もちろん後席の人に罪はありませんが、運転手にとっては意外に気になってしまう存在です

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

ドライバーが気になる後席

ドライバーが気になる後席の状況をまとめてみました

あなたはいくつ当てはまりますか?

1.寝てる

いや、別にいいんですよ

下手に運転に指示出してくるような人だったら、運転手からしたら寝ててくれた方が数段楽です

でもね、自分(運転手)も寝たいよ!

と思うことはありますね

もちろん後席の人も気を使って、起きていてくれる人もいっぱいいます

それでもどうしても寝てしまうときはあります。ご飯を食べた後とかね

2.目線を意識されてる

後方を確認してるだけなのに、妙に後席の人に意識されてるなー、と感じるときです

地味に嫌というか、バックミラーを見辛くなるパターンです

個人的には一番うしろが確認しずらくなる気がします

3.後ろで盛り上がってる

話題の合う人が後ろに乗り合わせた時に多いパターンです

後ろで話が盛り上がっていて、楽しそう

自分(運転手)も混ぜてくれよー、って思うと同時に、なんかのけ者にされてる気もしてしまうのは被害妄想でしょうか

4.イチャイチャしてる

後ろが気になって、気になってどうしようもないパターンです

車の前方よりも後席ばかりが気になってしまいます

5.ヘッドレストが邪魔

ワゴン車によくあるパターンです

中央の座席のヘッドレストがそそり立っていて、全然後ろが確認できません

「だったら最初から外しとけよ」

って言われそうですがつけたり外したりは案外面倒なんですよね

6.荷物で見えない

ステーションワゴンなんかで、荷物を天井までいっぱいに積み上げるとしばしば発生するパターンです

大勢でキャンプに行く時にもよく見る光景ですね

こうなってしまうとバックミラーは室内の確認専用になってしまいます

バックミラーから後ろが見ずらい車種

バックミラー越しに後ろが見ずらい車種は、以下のタイプになります

ワゴン車

特に後席の多い3列シートタイプのワゴン車は後ろがよく見えません

2列目、3列目にそれぞれヘッドレストがあったりするのでバックミラーはもはや、

針の穴のような「隙間を通してうしろを除く」といった方が正しいかもしれません

リアの絞られた車

最近の車はデザイン重視のため、車の後方が絞られる様な形をしてる車が多いです

その様な車はリアガラスも小さく、結果的に後方視界は悪い傾向にあります

最近だとマツダ3なんかがその典型と言えます

外からの見た目はカッコ良いのですが、車内からバックミラー越しに見る後方はほとんどよく見えません

一昔前はフェラーリやランボルギーニといったスポーツカーに多かったのですが、最近ではファミリーカーにまで影響が及んでいます

リアビューモニター

「バックミラーで後方が良く見えない!」

という方にリアビューモニターをお勧めします

リアビューモニターは車の後方にカメラを設置し、そのカメラの映像をバックミラーの液晶画面で確認することができます

そのため、どんな人たちが後席に座ろうが、いくら車内に荷物を高く積みあげようが全く関係ありません

運転手は直接、車の後方を確認できるからです

オススメ

+ドライブレコーダー

バックミラー型で後方だけでなく前方のドライブレコーダーも内蔵したタイプ。車の前後を監視できます

別モニタータイプ

「バックミラーは鏡のタイプを残しておきたい」

という方にオススメな別モニタータイプ

液晶モニターを新しく車内に設置することでバックミラーを交換する必要がありません

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら