フリマの車を現車を見ずに買う?それトラブルの入り口ですよ

中古車

最近はメルカリを中心としたフリマサービスが活況ですね

メルカリには車も出品されていて、自動車販売店で買うよりも安く買える場合があって魅力的に思えます

いわゆる車の個人売買ってやつですね

私はメルカリはありませんが、ヤフオクでは過去にバイクや車を何台も個人売買してきました

その経験から、個人売買での注意点を紹介します

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

多くの人は慎重

おそらく、こう言ったサイトを利用する多くの人は売買に慎重です

車という高額な商品を買うので当然なのですが、それ以前に

「出品情報にはいいことばっかり書いてあるけど、車の隠れた不具合があるんじゃないか?」

と疑ってかかるのが普通だからです(少なくとも私はそうです)

出品者サイドの視点で見た時でも、購入を検討する人は大抵、事前に車を下見にきます

事前にこない人であっても、落札後は自分で取りに来られます

それが普通です

でも、そんな「普通」を持ち合わせない人も中にはいます

現車を見ないでポチるのはヤバイ

たまに、ヤフオクでこんなやり取りを見ることがあります

買う人

当方、遠方なのですが○○県への陸送は可能でしょうか?

出品者

もちろん可能ですよ!○○県への陸送費用は25,800円になります!

陸送とは車をトレーラーに乗せて運ぶことです

いわゆる発送のことですね

フリマアプリやオークションサービスを使いなれた人であれば、

落札→発送

という流れが普通なので、

「落札した商品は発送してもらう」という感覚の延長なのでしょうか

でもこれ、トラブルの入り口なんですよね

運が悪いと最悪のケースに

さて、この二人のその後はどうなったのでしょうか?

この質問者が無事に落札し、事前に車両を見ることなく陸送してもらったとします

落札者がその車を初めて見るのは、陸送トレーラーから降りてきた瞬間でしょう

もしもその車が特にこれといった不具合もなく、出品情報と嘘偽りなく同じ状態だったら

おめでとうございます

運が良かったですね、めでたしめでたし

となります

ところがその車に隠れた瑕疵があったらどうでしょう?

いくら相場と比べて安く買えたと言っても、不具合次第では修理費で高くつく場合もあります

「落札額+修理費を考えたら、けっきょく中古車店の相場の車より高くついた」

なんてことも十分にあり得ます

落札者

評価:非常に悪い
「不具合があるなんて掲載情報には書いてなかったのに、返金に応じない最低の出品者です」

出品者

評価:非常に悪い
「ノークレーム、ノーリターンだと説明したはず。それを理解できない人は落札しないでください」

落札後のお互いの評価時に、コメント上でののしり合うやり取りをよく見てきました

個人売買は売りっぱなしが基本

個人売買は基本的に売ったら、はい、さようなら

が基本です

その後の保障なんかあるはずもありません

例えば、その車に出品者が書いてなかった瑕疵があった場合はどうでしょうか?

民法ではその出品者が瑕疵を隠して売った場合は、責任を追求できることになっています

しかし、その出品者が「知らなかった」を押し通してしまえば、瑕疵を隠していたことを証明する手段はありません

また、瑕疵を隠して売るのは悪質ですが、そうでなくても

「出品者が本当に知らなかった」

というのは普通にありえます

「なんか乗るたびに変な異音・振動がするけど、別に走りに問題ないし、大丈夫でしょ」

みたいなケースです

車から異音や振動がするということは、車には何んらかの不具合が発生してるわけですが、それを不具合と認識していなかったら、その出品者にとっては不具合とはなりません

素人から安く車を買うということは、こういったマイナス面があることを十分に考えておく必要があります

車は機械の寄せ集め

日本自動車工業会によると、車は2万〜3万の部品で構成されてるそうです

つまり、多くの部品が複雑に噛み合って動作してるわけです

複雑にできてるということは、それだけ故障のリスクも高いことになります

一方で、車は多少のオイル漏れや整備不良があっても一時的に走ってしまう機械でもあります

つまり、購入時に全ての車の状態を把握することは困難です

それでも最低限のチェックをすることで、大きなトラブルを未然に防ぐことは可能です

フリマサイトの出品者は素人

自動車販売店は車を売るのは基本的にプロです

なので車の状態を把握してる可能性は高いでしょう

悪質な中古屋さんでなければ、その車の状態を説明してくれるはずです

しかしフリマサイトやオークションサービスでは、売る人は素人です

多少の異音や振動が発生していても、それが不具合だと感じない人もいるかもしれません

(本当は知ってるのに黙って売る人もいますが、個人売買ではノークレームノーリターンが基本なので、後でわかったところでどうにもなりません)

だからこそ、車のチェックが重要なんです

賢く買って損をしない方法

それでも個人売買には、お店で普通に買うよりも圧倒的に安く買えるという利点はあります

大雑把にどれくらい安く買えるのか

中古車店では通常、本体価格と乗り出し価格に分かれて表示されています

乗り出し価格は本体価格+数十万円に設定されています

この乗り出し価格くらいの金額が一つの目安になるのがフリマアプリやオークションサイトの個人売買です

しかし、出品されてる車は玉石混交

ほとんど問題のない車両もあれば、故障だらけのひどい車両もあります

他の人は気づいていない良質な車を安価で買える可能性も十分にあります

しかし、そのためには多少目を肥やす必要があります

その辺の詳細はこちらの記事で紹介していますので、よかったらご覧ください

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら