軽自動車とレクサスが正面衝突した結果

自動車事故

愛知県一宮市で5月27日、軽自動車とレクサスが正面衝突する事故が発生しました

レクサスがセンターラインをはみ出して軽自動車と正面衝突

軽自動車を運転してる男性が亡くなりました

「軽自動車は事故に弱い」

というイメージは多くの人が持ってると思いますが、この事故であらためて再認識させられる結果となりました

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

事故車両

事故車両の詳細

それでは事故車両を細かく見ていきます

【軽自動車】
ダイハツ(ムーヴ カスタム?)
価格 150万円 
重量 0.8トン

【レクサス】
LS600h Fスポーツ
価格 1,300万円
重量 2.5トン

知らない方のために簡単に説明すると、LS600hはレクサスのフラッグシップモデルで、基本的にレクサスの中で最も高い車になります

Fスポーツはそのスポーツバージョンです。まぎれもない超高級車です

この2つの車は価格差にして実に約9倍

重量の差でも3倍近くあります

体重30kgの小学生と90kgの大人がぶつかるようなもんです・・・

軽自動車

軽の方はダイハツであることはエンブレムからすぐにわかりました

スーパートール系ではありません

ボンネット部分のクラッシャブルゾーンが強く押しつぶされていますが、それだけでは吸収しきれずAピラーまで折り曲がっていることがわかります

乗員の乗ってるセーフティゾーンが強く押しつぶされています

この軽乗用車に乗っていた男性は全身を強く打ち、亡くなりました

最近の軽自動車は車内の広さを優先するために、クラッシャブルゾーンが特に狭いです

エンジンの入ってるボンネットの中はギュウギュウに機械が押し込まれていて、ほとんど隙間がありません

低速の事故ならたいした被害がなくても、スピードの出てる車とぶつかるとほとんど役に立ちません

レクサス

一方でこちらのレクサス、フロントは一見大破してるように見えます

しかしよく見ると、壊れているのはクラッシャブルゾーンのみで、乗員のいるセーフティゾーンは変形すらしてません

セーフティゾーンにまで衝撃が加わると、フロントガラスに亀裂が入ったり割れたりしますが、この車のフロントガラスは無傷です

実際、この車の運転手はケガすらしてないようです

衝突の際に、エアバッグに強く頭を打ち付けているかもしれませんが、それでも擦り傷か軽い打ち身程度でしょう

事故原因はこちらのレクサス側にあり、スピードを出してセンターラインを割っていたのもこの車だと報道されています

であるのにも関わらず、亡くなったのはなんの非もない軽自動車の運転手・・・

あらためて車は、自分が事故をもらった時のことも考えて選ぶ必要があると強く認識させられます

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら