いますぐ通話運転を解禁すべき訳とは?

2020年8月14日道交法

ながら運転

昨年、ながら運転の罰則が強化されました

この主なターゲットは運転中のスマホ操作です

しかし、これは悪法だと言わざるを得ません

さらに危険が増す結果となっています

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

みんなスマホでLine中

車の運転手を観察してるとよくわかるんですが、

最近は運転中にも関わらず、かなり多くの人がスマホを触ってます

それも圧倒的に女性に多いです

自分の車の後ろに女性運転手がいた場合は、バックミラーで見ると必ずと言っていいほど停車のタイミングで携帯を触ってます

ほとんどの人がやってるはLineです

罰則強化でより目線が下に

ながらスマホによる視線移動

罰則強化が悪法だと言える理由、それは目線が下に行くことです

罰則強化などのニュースなどで、なんとなくやってはいけないことと認識してるためか、膝の上くらいの位置にスマホを置いて外からはわからないようにしてるドライバーが多いです

が、外から見れば不自然に目線が下なのでスマホを操作してることは丸わかりです

視線が前方から下の方に離れるので、その間は前を見ないで運転してることになります

しかし、そんな危険な状況で運転してるドライバーが、当たり前のようにそこらへんを走り回ってるのが今の日本です

通話運転を解禁せよ

ただ、もはやこの流れを止めるのはおそらく不可能でしょう

停車してからスマホをやるべき

というべき論や理想論を語るだけではもはや解決は困難です

なぜなら、今やスマホは生活必需品の一部だからです

今すぐ返信しなきゃいけないけど、停車していたら遅れてしまう

そんな事情があって、どうしてもやってしまう人が大多数です

そこで私は思い切って、

画面を見つめるスマホ操作は禁止だけど、耳につけて話す通話は解禁すべき

だと考えています

耳につけて通話する場合では、視線は前方に向けることができます

そもそもスマホとの視線移動もないので常に前方を注視することができます

隠れてコソコソと下の方を見てるより、堂々と前を見ながら運転した方が10倍安全です

そのくらい割り切って、柔軟な法整備をしない限りスマホでLineしながら走る運転手を撲滅することはできないでしょう

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら