仮ナンバーは当日じゃないと申請できない?費用や注意点など

整備

長い間寝かしていた車を復活させるために、車検を取ることになりました

ただ車検が切れてる車の場合、陸運局まで持ち込むには仮ナンバーと言う一時通行用のナンバーを申請する必要があります

車を積み込んで運ぶローダーを利用するという手段もありますが、高額な費用がかかるので論外です

今回仮ナンバーを申請するにあたり、色々な注意点がわかりましたのでおしらせします

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

仮ナンバーの費用

750円(1回1件につき)

なおナンバープレートはその場で発行してもらえます

仮ナンバーの申請に必要な書類

仮ナンバーを申請するにあたって必要な書類は以下の通りです

  • 自動車臨時運行許可申請書(役所で手に入ります)
  • 自動車のことを確認できる書類(車検証、登録識別情報等通知書など)
  • 自賠責保険(運行期間中に有効なもの)
  • 本人確認書類(免許証など)

仮ナンバーを申請するには有効な自賠責保険が必要なので念の為

なお、私のようにすでに一時抹消済みの場合は当然ですが車検証がないので、その代わりに登録識別情報等通知書を提出します

仮ナンバーを申請する時の注意点

仮ナンバー(正確には臨時運行許可)は、最寄りの役所で発行してもらえます

ただし、意外といろんな制限や決まりがありますので、その辺の注意点をおしらせします

仮ナンバーは基本的に利用する当日に申請する必要がある

これ知ってましたか?

自分はそんなことはまーったく知らなかったので、3月22日に役所に行って、

「オバチャーン、3日後の3月25日に車検に行くので仮ナンバーちょーだい」

と言ったら拒否されました

「25日に車検に行くのであれば、25日にここへ来て申請してください」

とピシャリと言われてしまいました

そうなんです、仮ナンバーは使うその日に申請に行かなければならないんです(すんごい不便)

ただし例外があって、

次の日の朝早くから使う必要がある

と言う理由があれば前日に貸してもらえるそうです

実際に朝早くに出発してるかどうかは役所の人にはどうせわからないので、そう言う理由を言っておけば前日に発行してもらえそうげふん、げふん

車検の場合の有効期間はだいたい1〜2日間

役所のWebサイトに注意事項として、仮ナンバーの有効期間は最大で5日間と書かれていますが、

車検で仮ナンバーが必要な場合、許可になる日数はだいたい1、2日のみみたいです

どうせなら最大の5日間で申請したいところですが、受付のおばちゃんは

基本的に1日あれば車検なんて終わるだろ?、その予備日として2日間許可してもいいけど、それ以上はダメだ

とでも言わんばかりの雰囲気でした

なので車検で仮ナンバーを借りる場合、最大でも2日程度だと思っておくと良いです

仮ナンバーの申請には自賠責が必要

仮ナンバーをつけて公道を走るので、運行予定の期日に有効な自賠責保険が必要です

仮ナンバーの費用にそんな保険代も含まれてるのかと思ってましたが、甘かったです

ただ、自賠責保険て1ヶ月だけで加入するとかなり割高なので、自分は車検を取りに行く日から有効な25ヶ月の自賠責保険を購入しました

自賠責保険についてはこちらの記事をご覧ください

使い終わったら5日以内に返却

仮ナンバーを使い終わったら、5日以内に役所に返却しなくちゃいけません

許可は1、2日間しかくれないし、使い終わったら5日以内に返却しなきゃいけないなど、なかなか決まりが厳しいです

しかも期日以内に返却しないと6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金と言う怖いおまけ付きです

仮ナンバーって結構厳格に管理されてるんですね

仮ナンバー取り付け用のネジはくれない

借りた仮ナンバーの取り付けにあたって、地味に重要なのがこれです

役所では仮ナンバーは貸してもらえますが、車に取り付けるためのネジは貸してくれません

なのでネジは自分で用意する必要があります

一時抹消してる場合はナンバプレートーを一旦返却してるので、その時に取り外したネジを再利用すると良いです

というか、この時にネジを保管してないとわざわざ買う羽目になります。。。

陸運局で新しいナンバープレートをもらうときはネジも貰うことができますが、役所で仮ナンバーを借りるときはネジは貸してもらえない点に注意が必要です

仮ナンバーは少しサイズがでかい

どうやら仮ナンバーのサイズが標準のナンバープレートより大きいらしく、車のプレートをはめる爪には入りませんでした

なのでちょっと変な形で仮ナンバーを取り付けることになりますが、一時的なことなのであまり気にする必要はありません

申請書の記入テンプレート

仮ナンバーの申請書はこんな感じで記入します

ちなみに「運行の経路」ではFrom(出発元)からTo(行き先)を記入しますが、Fromは「自宅」などではなく、ちゃんと住所を記入してください、とのことでした

また車名はいくら細かく記入したところで、車検証に記載されてる車名が採用されるとのこと

ご参考までに

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら