裂けて2分割にされてしまったアンダーカバーを補修

DIY,修理

やっちまいました

車を止めるときに地面に敷いてあるブロックがめくれあがって、エンジンしたのフロントアンダーカバーを割っちゃいました

今回はその割れてしまったアンダーカバーの補修になります

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

割れたアンダーカバーの状況

とりあえず軽く垂れ下がってる程度で、走行に支障はないです

(90km/hくらい出してもばたつく音などはしません)

ぱっと見では、くっついてる様に見えますが、これ完全に割れて2分割されてます

たまたまボルトで止まってるので落ちてきてません

走行中に落下しても困りますし、何より空気抵抗になってそうで燃費に影響がありそうです

(最近少し燃費が悪いのは、これのせい?)

アンダーカバーの取り外し

アンダーカバーはトルクスのT20ネジ8本で止まってるだけなので、簡単に取り外せました

そんなことより、ちょっと気になる点を発見

オイルパン下部がちょっと黒ずんでました

触ってみると濡れてはいませんでしたが、明らかにオイルが滲んでるっぽい状態

念のためブレーキクリーナーで掃除して様子を見ることにしました

取り外したアンダーカバー

くっついてそうに見えますが、、、

はい!

ちゃんと2分割されております

ちなみに、赤枠で囲まれている部分をよく見るとゴルフボールの様にデコボコしてますよね

これはディンプルといって、空力をよくして風をスムーズに流すためのものなんです

ゴルフボールの表面もツルツルより凸凹の方が飛距離が伸びるそうです

細かいところまでよく考えて作られてますね

割れたアンダーカバーを補修

それでは補修を開始します

割れた箇所のそれぞれにドリルで穴を開けて、結束バンドを通します

まるで縫合手術をしてる様な気分です

一応、留め具が裏面になる様にしておきます

まるで縫い合わせたかの様です

これだけでけっこうちゃんとくっつきます

取り付け

早速の取り付けです

これだけでもほぼ完璧ともいえる状態で、風が当たってもバタバタしない状態です

(けっこうしっかり留まってます)

ただし、これだけだと少し空力的に抵抗になりそうなので、この上からアルミテープを貼ることにします

ちょっと見た目はダサいですが、アンダーカバーなんて他人からは見えない場所にあるので気にしないことにします

今回かかった費用

結束バンド・・・タダ(家にあったため)

アルミテープ・・・タダ(以前ダイソーで購入してあったため)

トルクスドライバー・・・タダ(以前ダイソーで購入してあったため)

というわけで、全て家にあった材料で補修できたので無料で修理できました

とりあえず、これで様子を見てみることにします

あ、そうそう

車の下に潜り込むときは、必ずウマ(ジャッキスタンド)をかけましょう

追記【2022/5/23】

高速道路を追い越し車線の流れに乗る程度の速さで走ってみましたが、特にガタ付きなどもなく、全く問題ありませんでした

ただ、高速で空気が当たるためなのか、アルミテープの一部が浮きかかっていたので指で押して留めておきました

流石にテープはもっと強力なゴリラテープとかを貼っておいた方が良いかもしれません

created by Rinker
ゴリラグルー(Gorilla Glue)
¥964(2022/05/26 19:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら