ミシュラン プライマシー3stからネクストリーに交換した感想

タイヤ

画像はプライマシー3

元々はいていたのは製造から10年近く経過したミシュラン プライマシー3stでした

しかし、ついにひび割れが危険なレベルに到達しはじめたため、ブリジストン ネクストリーに交換しました

ネクストリーはブリジストンの安価な部類のエコタイヤになります

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

ネクストリーの感想

以下の感想は、そもそも10年近く経過したタイヤから変えたので、経年劣化による差分も含んでいると思われます

あと、ホイール込みのタイヤ重量が以下のように減少したことも影響してると思われます

プライマシー3st約20kg/1本
ネクストリー約18kg/1本

1. 乗り心地が良くなった

プライマシー3stは空気圧を上げると途端に乗り心地が硬くなったのですが、ネクストリーは多少空気圧を高くしても、とてもソフトです

車は変えてないのに、乗り心地が改善されてめっちゃ気分が良いです

まるで車を乗り換えたかのようです

これだけでもタイヤ交換した甲斐がありました

2. 静かになった

タイヤのー「ゴー」音、いわゆるロードノイズが小さくなりました

今までは走行中のカーステレオの音量レベルを10にしていたのが、9で済むレベルになりました

3. 燃費は悪くなった?

ネクストリーってエコタイヤの位置付けなのでプライマシーというロングライフタイヤから変えると燃費はよくなるものと思ってました

ところが条件(同じ目的地、同じ曜日、同じ時間、同じ空気圧)で計測してみると、プライマシー3stと比べて変わらないか、もしくは少し悪くなった気がします

いつもは1リッターあたり18.5km走るところが、18.2kmくらいになってしまいました

意外とプライマシーって燃費性能も高かったということなのでしょうか

こればっかりはちょっと納得のいかない結果となりました

追記(2022/6/5)

単純に燃費が悪いってわけではなさそう

タイヤが軽くなって車の動きが軽くなったために、我慢できずにちょっと踏み込み過ぎていたのかもしれません

大人しく走ったらプライマシー3stと変わらない、もしくはそれ以上の燃費が出ました

4. 滑りやすい?

私の車はFFで、もともと停車状態から思いっきりアクセルを踏み込むとホイルスピンする傾向にあるんですが、それを差し引いてもちょっと滑りやすい気がします

ある雨の日に、ガソリンスタンドの出口から出発する際、タイヤが金属の排水溝の上で停止し、そこからアクセルを踏み込むとおもいっきりタイヤが空転しました

意外と滑りやすいタイヤなのかもしれません

5. 車の動きが軽くなった

約10%近く軽量化したことの成果だと思いますが、車の挙動が軽くなった気がします

よく「バネ下の1kgの軽量化は、バネ上で10kgに相当する」と言います

今回タイヤ4本分で合計8kg軽量化されたことにより、バネ上を80kg軽くしたことと同じ効果があったのだと思います

まるで今までの車が少しもっさりしていたかのように、80kgの重量分をキビキビと走るようになりました

まとめ

タイヤ銘柄の変更と言うよりも、劣化したタイヤから新しいタイヤに変えたことによる影響の方が大きかったかもしれません

タイヤメーカーは劣化がなければ最大10年は使えるとアナウンスしていますが、やっぱり乗り心地とかを考えると5年で交換した方が良いのかもしれません

あと、未知数であり最大の心配事はタイヤの持ちです

プライマシーは近くで見ると結構スポンジーというか、消しゴムみたいな柔らかめのゴムを使ってるように感じます

ミシュランと比較するのが間違ってるのかもしれませんが、ネクストリーのライフはけっこう短そうな気がします

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら