日本車はクラクションを変更しないとケンカの原因になる!?

2020年6月12日ツール

クラクションってどのくらいの頻度で使いますか?

おそらく「基本的にほとんど使わない」って人が多いのではないでしょうか

日本人はあまりクラクションを使わない傾向があります

「危ない場面に遭遇したら使う」

という認識でも、いざとなると、

「どの程度の危険性があったら使えば良いのかわからない」とか、

「なんとなく迷惑だから」

という理由で使いずらい面があるかと思います

今回はそのクラクションについて、使用するべきタイミングや日本車のクラクションの音色について紹介します

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

むやみやたらに鳴らしてはいけない

クラクションは法律上では道路交通法第54条で規定されていて、正確には警音器と言います

警音器(以下、クラクション)は、

「危険を防止するためにやむを得ない場合以外には使用してはならない」

となっています

つまり、みやみやたらに鳴らしてはいけないということですね

前車に発進を即すための使用や、合図に使用はできない

ですから、

「青信号なのに前の車がなかなか発進しない」時や、

「ありがとうの合図としてのサンキューホーン」は、

実は違法になります

音の規定

クラクションの音については、保安基準第43条(警音器)で規定されています

第43条(警音器)

・音の大きさは自動車の前方7mの位置で87db以上、112db以下であること
・警音器の音は連続するもので(音の)大きさ及び音色(音量)が一定であること。

つまり、ある程度の音の大きさがあって、音色が変わらない、一定であれば良いことになります

誤った操作方法

「なんとなくクラクションて固くて押しにくい」

そう思ってるとしたら、もしかしたらあなたのクラクションを鳴らす操作方法は間違ってるかもしれません

クラクションを鳴らす時って、どこを押してますか?

上記の画像のように、ハンドルの中央部分を押してませんか?

間違ってはいないのですが、実は正確な場所ではないかもしれません

正確なクラクションを押す場所は、このようにラッパのマークが表示された場所になります

ですから、このようなハンドルの車では、

このように中央部分を押すのは間違いです

このように左側のラッパマーク、もしくは右側のラッパマークを押すのが正しい操作方法になります

このラッパマークの位置を正しく押せると、中央部分を押すよりも弱い力でクラクションを鳴らすことが可能になり、コントロールしやすくなります

つまり、軽くクラクションを鳴らすようなシーンでも苦労することがなくなります

一度、自分の車のハンドルにラッパのマークがどこについているか確認をした方が良いでしょう

使いずらい理由

クラクションはちょっと押すだけで大音量の音が出るので、迷惑にならないように軽く押すやり方をしてる人も多いかと思いますが、

クラクションが一瞬だけ鳴るように押すのはなかなかテクニックのいる方法でもあります

軽く注意を即すためにクラクションを鳴らしただけなのに、大げんかに発展しそうな気がしてしまいます

特に日本車の場合、クラクションの音色が非常の悪いことから、使いずらい側面もある気がします

劣悪な日本車のクラクション

日本車のクラクションはトヨタ系を筆頭に人間の神経を逆なでるかのような音色のものがほとんどです

こちらのクラクションをお聞きください

トヨタ プリウスのクラクション
三菱 デリカのクラクション
スバル レガシィのクラクション

ある意味、日本人にとってはよく聴きなれた音ではありますが、

聞いていてとても気分の良いものではないですよね

むしろ不快で、焦りの原因を作る音色とも言えます

ドイツ車は迫力重視

ドイツ車は、日本車ほど神経を逆撫でる音色ではないものの、かなり迫力を重視した音色になっています

BMWのクラクション
VWのクラクション

フランス車はクラクションに優しさが

フランス車はシートにしても足回りにしてもソフトで人間に対する優しさが感じられる車ですが、

クラクションについても同様に、優しさを感じることができます

ルノー ルーテシアのクラクション
ルノー エスケープのクラクション

マツダはクラクションにもこだわり

日本車メーカーは全般的にひどい音色のクラクションが多いと書きましたが、

マツダは一味違うようです

マツダ アクセラ、CX-3、デミオ、CX-5のクラクション

上記の録音はマツダ「アクセラ」、「CX-3」、「デミオ」、「CX-5」のクラクションを順番にならしたものです

若干、おもちゃっぽい音がしますが、これが良いんです

ちょっと気の抜けたような、アホみたいな音色にすることによって、聴くひとに威圧感を与えません

オススメのクラクション

クラクションは車を買った後からでも交換できる社外品が売られています

日本車に乗っている人はクラクションを変えることをお勧めします

オススメは渦巻き状のクラクションです

音色はどちらかと言えば欧州車っぽい迫力のある音です

メルセデスベンツやBMWにもよく採用されているボッシュ性も良い音がします

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら