アトラスの激安 輸入車バッテリー(MF 57220)のレビュー

2020年6月13日バッテリー

created by Rinker
アトラスビーエックス(Atlasbx)
¥8,780 (2020/10/29 07:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

去年(2018年)の夏、車のバッテリーが上がってしまったので交換しました

交換したのは「アトラス 輸入車用バッテリー(MF57220)」です

交換してから1年経過したので、商品をレビューします

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

アトラス 輸入車バッテリーを選んだ理由

輸入車用のバッテリーって高いです

ディーラーで交換すると3〜4万円、イエローハットやオートバックスでも同じくらいします

このアトラスのバッテリーを選んだ理由はズバリ、

安い」から!

ATLASbx(アトラス)は韓国のバッテリー専門メーカーで、1944年に創業した70年以上の歴史を誇るメーカーです

レビュー

「アトラス 輸入車用バッテリー(MF57220)」は欧州車用のバッテリーです

スペック

  • シールド型メンテナンスフリーバッテリー
  • 全長:277mm
  • 幅:174mm
  • 高さ:190mm
  • 重量:19.4kg
  • 20時間率容量:72(Ah)

使用した感想

激安バッテリーだったので少々不安でしたが、実際に使ってみると、

「実に普通」

というか全く問題ありません

1年以上経過した現在でも、問題はありません

1ヶ月くらい車に乗らない時もありますが、それでもセルは元気よく回ります

あと3年くらい使用できれば言うことなしです

高い国産・ドイツ製バッテリーを買う必要性はないかもしれません

ちなみに私はアマゾンで購入しましたが、届いた時に電圧を測ってみたらフル充電(12.7V)状態でした

1サイズ上でも問題なし

ちなみに私の車は純正のバッテリーは60Aなので、純正サイズだと、

「ATLASBX 輸入車バッテリー MF 56219」が適当するんですが、

余裕を見て1サイズ上の「MF57220」を選択しました

全く問題なく取り付けできましたが、唯一、バッテリーを覆うフェルト製のカバー(?)が少し足りてません

ま、特段影響はありませんでしたが。

DIY交換時の注意点

私は自分で交換しましたが、特に難しいことはありませんでした

補助電源なども使用しませんでした

ただ、以下の2点は注意してください

レール

バッテリーの取り付け時にレール部分にアダプターが付いていますが、私の車の場合はこれを外さないと取り付けできませんでした

多分車によってはそのまま取り付けできる車種もあるのかと思いますが、重いバッテリーを乗せてから再度下すのは大変なので、注意してください

DIYの場合は腰に注意が必要です

20kgあるバッテリーを前かがみになって降ろしたり載せたりすると、腰をやってしまう可能性があります

20kgって軽いようで意外と重いです

対応車種

純正バッテリーとは多少サイズが異なる可能性もありますが、調べた限り以下の車種は適合するそうです

  • BMW z4(E85/E86/E90)
  • BMW 3シリーズ(E46)
  • BMW mini
  • VW ゴルフ (5/6)
  • VW トゥーラン
  • ポルシェ911(964)
  • アウディ A3
  • シトロエン C-4ピカソ
  • Volvo XC70
  • メルセデスベンツ SLK230

バッテリーは突然死ぬ

最近のバッテリーって突然死にます

一昔前の車はエンジンの始動時に、

「なんか、セルの回りが弱々しい」とか、

「ライトが暗くなってきた」

という兆候がありました

しかし、私の車はそんな予兆もなく、元気一杯にセルが回っていた翌日、いきなりバッテリーさんはお亡くなりになっていました

調べてみると私だけでなく最近の車に搭載されているバッテリーはそのような傾向があるらしいです

バッテリーが死ぬと半日無くなる

ちなみにバッテリーが死ぬと、JAFや任意保険のロードサービスを呼ぶことになります

そのロードサービス自体は無料だったとしても、ロードサービスが来るまでに待っている時間は確実に無くなってしまいます

さらに、バッテリーが重度の放電状態だと、エンジンがかかったとしてもバッテリーは充電されないので交換が必須になります

つまり、その日の予定はキャンセルになり、

ロードサービスを待つ時間" + “バッテリー交換に待つ時間“が無くなります

ディーラーや量販店でバッテリー交換しても半日は確実に無くなります

急いでバッテリー交換すると大出費

さらにそういう時は急いでバッテリー交換したいので、ディーラーとかカーショップに行くことになりますが、そうすると高いお金が飛んでいきます

事前にネットで注文しておけば1万円もしなかったのに、バッテリーが上がってから交換すると4万円も出費が発生することは特段、珍しいことではありません

ディーラーではなくネットで注文するとなると、最短でバッテリーが届くのは2日程度かかりますから、その間は車が使えないことになります

バッテリーの寿命は2,3年

一般的にバッテリーの寿命は2,3年と言われています

ただ、人によっては4,5年持つ人もいます

ほとんど車に乗らない人、街乗りばかりの人はすぐにバッテリーに寿命が来るでしょう

反対に、頻繁に乗る人、長距離をよく走る人はバッテリーが理想的に充電されているので長持ちします

とはいえ4年間バッテリーを交換してなかったら、そろそろ寿命ですから、バッテリーを購入していざという時のために備えておくと良いです

created by Rinker
アトラスビーエックス(Atlasbx)
¥8,780 (2020/10/29 07:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら