車間距離があればほとんどの問題は解決するんじゃね?

予防安全, 自動車事故

当サイトでは以前から、何かにつけて車間距離、車間距離と声を大きくして訴えてきました

渋滞が発生するのも事故がおこるのも、あなたに彼女(彼氏)ができないのも、すべて車間距離が原因です

あの時できなかった告白も、他人とうまくいかなかった過去も、みんな車間距離のせいなんです(もういいか)

自動車業界やモータージャーナリストは、もっと車間距離について声を大きくして訴える必要があるんじゃないでしょうか

今回は、その車間距離の重要性について改めてまとめてみました

私の今年の保険料は14,450円です(普通車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは一番安い保険会社を無料の一括見積もりで探し出したからです

最短5分で20社の中から、あなただけの保険が見つかります
保険を見直して車の維持費を安くしよう

詳細はこちら

車間距離で解決する問題

1.渋滞が無くなる

全てのドライバーが適切な車間距離をとると、道路上からほとんどの渋滞はなくなります

なぜなら多くの自然渋滞の原因は車間距離が短いことが原因だからです

車間距離が短いと、前の車のちょっとした速度の低下で一瞬ブレーキを踏むことになります

そのさらに後ろを走ってる車はまたブレーキを踏み、その後ろの車もブレーキを踏む、といったブレーキの連鎖が起こります

それが積み重なっていくと、一旦停止する車まで発生し、渋滞となるのです

もしも地球上の全てのドライバーが適切な車間距離を取っていれば、この自然渋滞はほぼ全て解消します

根拠

JAFが行なった社会実験の映像です

簡単に説明すると、渋滞してる高速道路にめっちゃ車間距離をとる車を投入し、渋滞が解消するかどうかを実験しています(渋滞吸収理論)

実験の結果、見事に渋滞は解消しています

車間距離をとることで渋滞が解消することが実証されているわけです

2.事故が減る

適切な車間距離を保っていると、多くの事故を回避することができます

必ずしも全ての事故が回避できるわけではありませんが、事故の主要な原因は車間距離の短さです

車間距離さえ適切に取っていれば、避けられる事故は多いんです

その辺はこちらの記事で解説しています

3.保険代が安くなる

適切な車間距離をとると、事故が減ります

事故が減ると保険代が安くなります

自分の保険代が安くなるのはもちろんですが、みんなの事故が減れば保険の料率が下がるので全員の保険代も安くなります

4.燃費が良くなる

適切な車間距離をとると、燃費が良くなります

なぜなら、前の車のちょっとした速度変化でブレーキやアクセルを踏むことが少なくなるからです

前の車が減速するとブレーキを踏む必要がありますが、少しの速度変化であれば車間距離内で吸収できます

つまりブレーキを踏む回数が減るので、再びアクセルを踏み込む必要がなくなり燃費が向上します

5.車の維持費が安くなる

Counting Money For Gas Tank

燃費が良くなるということは、車の維持費が安くなるということにも繋がります

燃費だけでなく、不要不急なブレーキ操作が減るのでタイヤやブレーキパッドも減りにくくなり、トータルでの車の維持費が安くなります

6.運転が上手くなる

適切な車間距離を保っていると、運転が上手くなります

上手な運転とは、車の挙動変化がなるべく少ない運転のことです

簡単にいうと「同乗者を不快にさせない運転」となります

車間距離が十分にあるとブレーキを踏む回数が減るので、同乗者の体を揺らす回数が激減します

結果、同乗者が不快にならなくなります

7.彼女(彼氏)ができる

運転が上手くなると彼女(彼氏)ができます、たぶん。(無理やりすぎね?)

適切な車間距離は"3秒"

じゃあ、その適切な車間距離とはどのくらいの距離なのか?

答えは距離ではなく秒数です

車は速度によって1秒間に進む距離が異なります

例えば時速40kmでは1秒間に11m進みますが、時速60kmでは17mとなります

つまり速度によって1秒間に進み距離が違うので、とるべき車間距離を距離で覚えるのは困難なんです

そこで秒数となります

前の車が通過した電柱などを目安にして、その位置に自分の車が何秒で到達するのかを目安にします

そして、前の車が通過したポイントから3秒でそのいちに自分の車が通過するぐらいが適切な車間距離となります

「0102運動」では短い

埼玉県ではゆとり車間距離として「0102運動」を実施しています

前の車が走った位置から、「ゼロイチ・ゼロニ」と数えることで2秒の車間距離が取れるとされています

でも私は2秒では短いと考えています

やってみるとわかりますが、意外と2秒の車間距離って短いものです

さらに急いでる時は早口で「ゼロィッ!ゼロニィ!」と数えてしまいがちです

もしも前の車がとっさに急ブレーキを踏んだから、ほとんどの車は止まりきれずぶつかってしまうと思われます

被害の軽減には役立つかと思いますが、衝突を回避するには十分な距離とは言えません

だから私は実際に3秒の車間距離を保つようにしています

2秒は最低でもとるべき車間距離ですね

自動ブレーキがあっても車間距離は必要

最近の車は安全装備として自動ブレーキを搭載する車が増えています

しかし、いくら自動ブレーキがついていたとしても車間距離は必要です

なぜなら、物理的な車の制動距離は自動ブレーキがあっても変わらないからです

たとえ自動ブレーキがついていても、車間距離が短いと衝突を回避することはできません

だから、これから先いくら運転支援のレベルが上がろうとも、自動運転になろうとも車間距離の重要性は変わりません

車間距離は煽り運転回避だけじゃない

煽り運転は道交法違反ですから取り締まりの対象です

が、そのために車間距離をとるわけじゃありません

ここまで読んでくれた方なら、むしろ煽り運転での取り締まりを受けなくなるのは、ほんのおまけ程度であることがお分り頂けたかと思います

適切な車間距離をとることは、車の運転をする上で良いことしかありません

「百あって一なし」

そんなことわざは実際にはありませんが、車間距離には適用できそうな気がします

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら