タイヤパンク応急修理セットよりスペアタイヤを選ぶべき6つの理由

2020年6月30日タイヤ, メーカーオプション

昔の車はトランクルームの下にスペアタイヤが入ってることが一般的でした

しかし、最近の車はスペアタイヤの代わりにタイヤパンク応急修理セットで代用してる車が増えています

例えば最近話題になった新型のRav4も標準ではパンク修理キットになっていて、スペアタイヤはオプション設定(+11,000円)です

Rav4のようなオフロードを走りそうな車でさえパンク修理キットになっています

その理由や、それでもスペアタイヤを選択すべき理由を説明したいと思います

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

修理キットに置き換わる理由

それまでのスペアタイヤからパンク修理キットに変わる理由として、自動車メーカーはスペアタイヤをなくすことによって重量が減り燃費性能が向上するとか、環境のことについてメインに説明します

「タイヤを交換できない人が増えている」、

と言う場合もあります

しかし、本当のところはコスト削減です

最近の車はどんどん高くなる衝突安全基準や環境性能、それに先進安全装備に対するコストがどんどん上乗せされていきます

それらをガンガン追加していったのでは新車の価格がどんどん上がっていってしまいます

それを少しでも食い止めるために、見えないところでコストを削って車の価格を抑えているのです

スペアタイヤはその代表例と言えそうです

ほとんどの車でオプションのスペアタイヤを追加するには、追加料金が発生します

この事実からも分かる通り、価格的には

修理キット < スペアタイヤ

なのです

つまり自動車メーカーは、このスペアタイヤと修理キットの価格差分を削減できていると言うことになります

そもそもパンク修理キットとは

簡単に言うと、パンク修理剤と言うネバネバとした液体をタイヤの中に空気と一緒に注入することで、簡易的に穴を塞ぐ処置をするキットのことです

タイヤに穴が空いていると、そこから空気が逃げます

その際にネバネバの修理剤が穴にふさがり、空気漏れを防ぐわけです

それでもスペアタイヤを選ぶべき理由

1.大きなタイヤの破損には使えない

パンク修理キットで対応できるのは、ネジや釘が刺さったような比較的小さな穴だけです

タイヤが裂けてしまうような大きな穴には対応できません

つまり大きくタイヤが破損してしまうとロードサービスを呼ぶしか方法がなくなります

スペアタイヤがあれば、どんなにタイヤが破損していても交換すれば良いので安心です

2.応急処置に過ぎない(=完全に治るわけじゃない)

タイヤパンク応急セットを使って空気漏れが無くなったからといって、完全に治ったわけじゃありません

応急的に穴がふさがっただけなので、タイヤを交換する必要があります

しかもメーカーによると、応急修理後「200km以上走行してはいけない」とされています(スバル)

3.タイヤとホイールが汚れる

上記でも書いた通り、パンク修理剤はネバネバの液体なので、それを使うとタイヤの内側やホイールに激しくこのネバネバの液体が付着します

タイヤの内側についた薬液はタイヤ自体を交換してしまえば良いのですが、ホイールについた薬液については洗い流す必要があります

4.修理キットには期限がある

意外と知らない人が多いのですが、パンク修理キットについているパンク修理剤は使用期限があります

その期限は大体のものが4年です

4年を過ぎるとすぐに使えなくなると言う代物ではありませんが、

メーカーの言うことを守るのであれば、4年ごとに買い換える必要があります

created by Rinker
Holts(ホルツ)
¥1,570 (2020/12/02 23:46:42時点 Amazon調べ-詳細)

5.金銭的に高くつく

パンクした際のタイヤ代

スペアタイヤを持っていれば通常のパンク修理が可能なので、パンクしたタイヤを車屋さんに持っていけば大体2千円程度で直してもらえます

しかしパンク修理キットを一旦使ってしまうと、タイヤ交換が必要になります

パンクしたタイヤ1本だけを交換したとしても、安くて5、6千円、高いと1万円を超えるでしょう

パンク修理剤の交換

期限を迎えたパンク修理剤は、ディーラー純正品だと5〜6千円はします

パンクしなくても4年おきに5〜6千円の出費と考えると痛いですね

6.時間も節約になる

「タイヤがパンクしたらロードサービスを呼ぶからいいや」

と言う人もいるかもしれません

しかし考えてみてください

ロードサービスを頼むと、サービスが到着するまでに待つ時間が発生します

GWやお盆休みなんかの繁忙期だと、1時間以上待たされるかもしれません

さらに修理にかかる時間、場合によっては修理工場に持ち込む時間も発生するかもしれません

トータルで考えたら丸1日潰れるケースもあるでしょう

スペアタイヤがあれば、自分で交換するのに時間がかかるかもしれませんが、

交換してしまえばとりあえずは自由に行動できます

そして時間が空いた時にパンクしたタイヤを修理してもらえば良いわけです

車を使う時って、大体は何かの用事がある時です

そう言う時に車が使えないのは、想像以上のストレスです

車を使いたい時に使える、と言うのがスペアタイヤの大きなメリットだと思います

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら