新しいトヨタRav4は260万円から買える

2019年10月21日新車情報

5代目Rav4が日本で発売になりました。
Rav4というとこっちを想像する方も多いのではないでしょうか。

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

初代Rav4

こちらは1994年に発売された初期型モデルです。
Smapの木村拓哉がCMをしていて人気になりました。

当時の価格だと159万円からとなっています。
今のRav4とはサイズが全然違いますけど、それでも安いですね。
この約25年間でいかに車が高くなったかが良くわかります。

初代は当時の国内RVブームにのって女性にもよく売れました。
しかし、それ以降はRVブームの沈静化もあり、2代目以降はあまり売れてません。

5代目Rav4

そして2019年に新しくなって登場したのが5代目Rav4です。

サイズも初代が
全長:3,705mm
全幅:1,695mm

だったのに対し、5代目は、
全長:4,600mm
全幅:1,855mm
とかなり大きくなりました。

グレードと値段

1番安いグレードは、
X(2WD)で2,608,200円となっています。

上位グレードと比べると、顔つきが若干マイルドになっています。
上位グレードのいかつい顔つきはちょっと・・・という方はこちらの方が良いかもしれません。

ちなみに、最も高いグレードはハイブリッドのHYBRID Gというモデルで、
お値段3,817,800円となっています。
こちらは2.5Lエンジンとモーターの組み合わせで、178馬力を発生するモデルです。

グレードが上がるだけだと、外観はそんなに変わりませんね。

カーセンサーnet

ライバル車との比較

値段やサイズ的にライバルになりそうな車と比較してみます。

スバル フォレスター

全長:4,625mm
全幅:1,730mm
全幅がかなりRav4よりも小さくなっていて、日本の道路事情にはこちらの方がマッチしそうです。

お値段は280万円 〜 310万円
パワーユニットは、2.5Lガソリンと、2.0Lガソリン+モーターの2種類

パワーユニットは、こちらの方がRav4よりも自然な感じがします。
なぜRav4は2.5L+モーターの組み合わせなのでしょうか?

日産 エクストレイル

全長:4,690mm
全幅:1,820 mm
となっていて、全長はややRav4よりも長くなってますが、全幅はRav4より小さくなっています。

お値段は、223万円〜380万円となっていて、1番安い廉価グレードではRav4よりもだいぶ安くなっています。

マツダ CXー5

全長:4,545mm
全幅:1,840 mm
Rav4を全体的に握りこぶし1個分小さくしたサイズとなっています。

価格はガソリン(2WD)の257万円〜ディーゼル(4WD)の388万円となっています。

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら