車好きが50万円の中古ドイツ車を買うべき4つの理由

2020年6月12日中古車, 輸入車

もしも今、あなたが車の購入を検討してるのだったら国産車を買うのもいいんですが、ドイツ車に目を向けてみてはいかがでしょう?

ドイツ車の凄さは乗ってことのある人ならわかると思いますが、走行・安全性能では世界一です

車の作りが違うのはもちろん、ドアの閉まる音まで重厚感があり国産車とは全然違います

しかし輸入車は一旦中古になると、恐るべき速さで値段が下がります

逆に言えば、輸入車は中古になると、我々庶民にとって購入しやすくなる車だといえます

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

なぜ輸入車はすぐ値落ちするのか

「輸入車は壊れる・維持費が高い」

という多くの日本人の思い込みによって、輸入中古車の需要が少なくなってることが要因だと私は分析しています

確かにひと昔まえは輸入車は壊れやすい車でしたが、ドイツ車に関してはここ10年くらいでだいぶ壊れなくなってきています

逆に考えれば、その間違った考え方がいまだに浸透しているからこそ、故障しなくなった中古ドイツ車に安く乗ることができるわけですから、感謝したいぐらいです

ただし、輸入車といってもランドローバーやジャガーはいまだに故障率が高いので、オススメしません

中古ドイツ車を買うべき理由

その1.「安全」

ドイツ車は自動車安全テストであるユーロNCAPに合格するために厳しい基準をクリアしています

最近では日本の自動車メーカーも頑張っているので、以前ほどドイツ勢と差はなくなりましたが、いまだに日本の独自基準でテストしている軽自動車よりも安全なのは間違いありません

その2.「高い走行性能」

感覚的な表現で恐縮ですが、ドイツ車は走りがシャキッとしています

なので、たとえファミリーカーと呼ばれるゴルフであってもスポーティーに走ることができます

さらに長距離における疲れなさは抜群です

長距離を頻繁に走る人こそドイツ車を選ぶべきなんです

その3.「ステータス」

正直、私は車にステータスを求めてません

「ベンツ乗ってかっこいいだろ?」

とか、バカバカしいとさえ思ってました

しかし、車にステータス性があると、運転をしていてとても楽になるシーンが存在します

車のステータスとは、ベンツやBMWのようなメジャーな輸入車のバッジと考えても良いかも知れません

合流

これは実際に乗るとわかることですが、車にステータスがあると合流で譲ってもらいやすくなります

渋滞している道路への合流でも比較的入れてもらえます

見た目が可愛い車、軽自動車は舐められるのか、なかなか入れてもらえないことが多いですが乗り換えるとこの差がはっきりとわかります

割り込み

こちらも軽自動車とかで、それなりに交通量がある道路を車間距離を開けて走ってると、すぐに割り込まれたりしますが、ステータスがある車は驚くほど割り込まれなくなります

割り込んで来るドライバーって、案外、後続の車を見て割り込むかどうかを判断してるんだなー、と感じます

その4.「割安感」

メルセデスベンツ Cクラス(W203)

たとえば、メルセデスベンツ Cクラス(W203)は現段階で、すでに50万円程度で購入できる車です

しかし元々は10倍の500万円する車でした

たとえ新車から10年落ちだったとしても、500万円の価値があることは乗ってみるとわかります

VW ゴルフ6

同様に、VW ゴルフ6も今では50万円を切る値段で購入できます

しかし元値は300万円する車です

乗ってみれば必ずその価値はわかってもらえると思います

向いてない人

全ての人に輸入車がおすすめかというと、そうでもありません

私が考える、中古輸入車が向いていないのは、以下の人です

1.車の知識がゼロ

「消耗品の交換からトラブルまで、何かあったら全てディーラー任せ」

という方は国産車にしておいた方が良いです

輸入車ディーラーは国産車に比べて全てが高い金額設定になっています

たとえ車が50万円で買えても、ワイパー1本に至るまでいちいちディーラーにお願いしていたのでは維持費が高くついてしまいます

「ワイパーやエンジンオイルくらいならネットで調べながら自分で交換できるよ」

という人であれば維持費を安く抑えることができるのでおすすめですし、自分でメンテナンスすることで車に愛着もわきます

そいう言った理由からも、ドイツ車はまさに車好きの人に乗って欲しい車でもあります

2.使用はお買い物だけ

「車はもっぱらお買い物(5km程度)にしか使わない」

という人も国産車が良いでしょう

ドイツ車の良さはロードホールディングや走行安定性なので、それなりに距離を走らないと良さが実感しにくいからです

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら