エンジンオイルを交換する目安

2020年6月13日整備

車にとって重要なエンジンオイル

皆さんは、どのくらいのタイミングで交換してますか?

「走行距離が5000kmを超えたら」とか、

「一年たったら」とか、

「ディーラー点検のタイミングで」など、様々だと思います

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

なぜエンジンオイルを交換しないといけないのか?

まず、そもそもなぜエンジンオイルは交換しないといけないのでしょうか

エンジンオイルの目的はエンジンの潤滑、密封、防錆、冷却、清浄です

エンジンは常に金属同士が擦れるため、エンジンオイルがなければ金属がどんどん削れてしまいます

また、燃料が爆発した時に発生する煤や金属の磨耗したカス、水分の混入などでエンジンオイルはどんどん劣化が進みます

さらにディーゼルエンジンでは燃料に硫黄が含まれるため、さらにオイルにとって厳しい状況だと言えます

また、輸入車では走行とともにエンジンオイルが燃やされて減る車もあります

説明書に記載の目安

車の説明書(マニュアル)を見てみると、だいたい以下のような指定があると思います

車種交換の目安
ガソリンエンジン車15,000km、または1年
ガソリンエンジン車(ターボ)5,000km、または6ヶ月
ディーゼルエンジン車(NA、ターボ)10,000km,または1年

なお、シビアコンディションでは上記の「交換の目安」の半分となります

なので例えばガソリンエンジン車でシビアコンディションの場合は、「7,500kmまたは6ヶ月」となります

※シビアコンディションとは、エンジンが温まる前に目的地に到着するような短距離走行の繰り返しや、山道などの上り下り走行、悪路走行を言います

※ドイツ車などの一部の輸入車では環境保護の観点から、エンジンオイルの交換が非常に長く設定されている車があります。例えばVW(フォルクスワーゲン)の認証オイルであるVW504は、3万km交換不要となっています

オイルの種類

粘度

オイルは粘土と呼ばれる硬さを表す数値があります

例えば「5W-30」などがそれです

この場合、前半の5Wは低温時の粘土を表しており、後半の30は高温時の粘度を表しています

この数字は小さいほど粘度が低い(柔らかい)ことを表します

粘度が低いオイルは例えてみると「サラサラ」してると言えます

メリットとしては低温時に始動性が良かったり、エンジンが温まるまでの間でも燃費が悪くなりずらい点ですが、エンジンを保護する性能としては粘度が高いオイルよりは劣ります

粘度が高いオイルは「ドロドロ、ネバネバ」してると言えます

メリットとしてはエンジンが高温になっても保護性能が落ちない点ですが、一般的に燃費は悪くなりがちです

なので最近の省燃費な車(軽自動車など)では低い粘度のオイルが使われることが多くなっています

API規格

現在販売されているのは主に「SL」「SM」「SN」の3種類です

アルファベット2文字目の「S」はガソリンエンジン用であることを示しています

ちなみにディーゼルは「C」です

2文字目のアルファベットは後半になる程高性能であることを示しています

ベースオイル

ベースオイルは「化学合成油」「部分合成油」「鉱物油」の3種類があります

化学合成油

化学的に合成したベースオイルで、高性能なオイルです

添加剤等が合成されておりレース車両にも使用されますが、価格は高いです

部分合成油

鉱物油をベースオイルとして20%以上の化学合成油を加えたオイルです

値段と性能が、ちょうど化学合成油と鉱物油の中間となるグレードです

鉱物油

原油から不純物を蒸留することで生成されたオイルです

最も安いオイルですが、酸化に弱く長時間の使用には耐えられないため、こまめに交換する人向けと言えます

ベストなベースオイルは?

性能的には化学合成油がおすすめできますが価格が高く、一部の古い車では不具合が出る場合もあります

説明書に記載のグレードを確認して選択しましょう

車検ごとでも大丈夫?

このように説明書では細かく距離や期間が指定されている一方で、

「車検おきにしか交換しないが問題はない」というような方もいます

エンジンが直ちに壊れるなどの影響はないかもしれませんが、説明書にある交換の目安を大幅に超える使用はエンジンの性能に影響を与えます

知らず知らずのうちにエンジンが劣化し、新品の時の性能を発揮していない可能性があります

燃費は悪化し、出力(パワー)も低下します

エンジンの性能を保つという観点から言えば、マニュアル通りにエンジンオイルは交換した方が良いでしょう。

最後は愛の問題

結局のところ、エンジンオイルの交換頻度は車やそのエンジンに対する愛の深さを測る尺度なのかもしれません

新車で買って、廃車になるまで乗り続けるような愛着のある人は3000km毎に交換するでしょう

逆に中古で買って、一定期間で売却を検討してる人の場合はエンジンオイルは交換しないかもしれません

あなたはどのくらいの頻度でエンジンオイルを交換しますか?

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら