【プリウス】アクセルペダル踏み間違えの原因は◯◯だった!今後も増え続ける【暴走】

2020年6月12日考察

最近(2019年6月現在)、高齢者の運転による交通事故のニュースが毎日のように取り上げられています

その交通事故の多くの特徴は、

  • 高齢者による運転
  • プリウス
  • アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違え
  • 死傷者が複数人

といった点が挙げられます

なぜ、このような事故が増えているのか、

なぜ、ペダルの踏み間違えが発生するのか、

を今回は考えてみたいと思います

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

事故の事例

まずは最近日本で発生した事故の事例を取り上げてみます

東池袋 自動車暴走事故

【日時】
2019年4月19日

【場所】
東京都豊島区東池袋

【死傷者】
死亡者 2人
負傷者 9人

【運転手の状況】
「アクセルが戻らなくなった」との証言

赤信号を2回無視
ブレーキをかけた形跡なし

【そのほか】
運転手が元官僚だったとの事で話題になりました

大阪市 自動車暴走事故

【日時】
2019年6月3日

【場所】
大阪市此花区伝法5にあるスーパー敷地内

【死傷者】
死亡者 なし
負傷者 4人

【運転手の状況】
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」との証言

スーパーの入り口付近にて、バックで数人をはねる

事故の共通点

最近起こった代表的な交通事故を取り上げました

この2つの事故の共通点はやはり以下の点です

  • 運転手は高齢者(80代)
  • 車種はプリウス
  • 直接的な原因は「ペダルの踏み間違い」
  • 多数の死傷者あり

なぜプリウスばかりなのか

上記の2件の事故だけじゃなく、ニュースを見ててもプリウスの事故が多い印象を受けてしまいます

それはなぜなのでしょうか?

単純に台数が多い

プリウスは最近でこそ販売台数1位の座を日産ノートに奪われましたが、以前は最も売れる車でした

販売台数1位の常連だったプリウスは世界販売台数1000万代以上、日本国内でも500万代以上売れている車です

他の車種と比べて単純に走ってる台数が多いのです

ペダルレイアウトが悪い

これはプリウスに限った話ではないのですが、ペダル踏み間違えの原因はペダルレイアウトにあると言われています

ペダル踏み間違えの原因

ペダルの踏み間違えはなぜ起こるのか?

その主な原因はまだはっきりとは解明されていません

ただ、運転手からの聞き取り調査によると、慌てやパニックにより操作を誤るケースが多くなっています

柔軟性の欠如

高齢になると体の柔軟性が低下します

ある実験によって、体の柔軟性の低下からペダルを踏み間違う可能性が指摘されています

高齢者のドライバーを対象に、車をバックで駐車してもらい、

右の窓から後方を目視で確認しながらブレーキペダルとアクセルペダルを右足でふみかえる動作を繰り返し行いました

そしてその実験の様子をビデオカメラで撮影したところ、

高齢者は上半身を右側にひねる際に、体の柔軟性の低下から、右足がアクセルペダルのある右側へ移動する傾向が見られました

若年者のドライバーと比較すると、明らかに高齢者のドライバーの方が右足を右側に移動させています

足を右側に移動させるということは、アクセルペダルに足がかかる可能性が高くなります

ペダルレイアウト

車のペダルレイアウトにも問題があると指摘されています

ペダルレイアウトとは、ブレーキやアクセルペダルの配置のことです

こちらをご覧ください

これは理想的なペダルレイアウトの例です

右足をちょっとだけ左前に出せばブレーキを踏むことができます

そしてこちらがプリウスのペダルレイアウトです

ブレーキペダルを踏むのに、かなり右足を左側に持ってこないと踏み込めないことがわかります

アクセルペダルが右足から1番近くにあるために、ブレーキペダルよりも踏みやすいペダルだと言えます

それが全ての間違いです。なぜなら、

ペダルの中で最も重要、かつ、踏みやすいのは

ブレーキペダルでなくてはならないからです

このように、プリウスはペダルが全体的に左側に寄っています

プリウスだけでなく、他のメーカー・車種でもこのようなペダルレイアアウトの車は多く存在します

このような基本的なことができていない車が多いの実情です

「そんなこと大した違いじゃないよ」とか

「そういう車に乗ってるけど、別に問題ない」

という人もいます

しかし、普通ならば踏み間違えなくても、高齢になったり、パニック状態の状況下では、

このような小さな違いが事故を引き起こす大きな差になります

輸入車でも

国産車だけでなく、輸入車にもこのようなアクセルペダルの車はあります

これはとある輸入車の取扱説明書ですが、運転席が左側か右側かでペダルレイアウトが大きく異なります

上は本国などの左ハンドルの場合です

ハンドル中心の赤いラインに対して、アクセルペダル・ブレーキペダルが右側に寄っていることがわかります

一方、下の右ハンドルでは、中心の赤いラインよりも左側に寄っています

ペダルの配置位置が全然違うことがわかってもらえると思います

このように同じ車でも右ハンドルになると、ペダルが左寄りになる場合があります

ちなみにこの車は世界販売台数がトップクラスで、数年前まで日本での販売台数は輸入車トップでした

そんな売れている車でさえ、右ハンドルではペダルレイアウトが悪くなります

そのような理由から、輸入車は日本国内でも左ハンドルのまま乗る方が安全という人もいます

マツダはペダルレイアウトに拘り

正しい操作・運転において一丁目一番地とも言えるペダルレイアウトですが、

国内の自動車メーカーでも重要視しているメーカーがあります

それは最近勢いのあるマツダです

マツダはドライバーに正しいドライビングポジションが取れるようにペダルレイアウトを重視しているだけじゃなく、

今や吊り下げ式が多くなったアクセルペダルにオルガン式を採用しています

オルガン式を採用したことにより事故が86%減少したとのこと

ペダルレイアウトはスポーツ走行において重要な要素なんだと思われてる方が多いと思いますが、実は安全な操作においても重要な項目だと断言できます

「ぶつからない車」などと言った自動運転などの最新機能にばかり注目が集まりがちですが、

ペダルレイアウトのような基本的なことが出来て、初めて予防安全装置を採用するべきではないでしょうか

実は「ペダルの踏み間違え」は若者が最も多い

なぜかニュース番組では高齢者の事故ばかり取り上げられますが、

実は「ペダルの踏みまちがえ」による事故は若者の方が多いとのデータがあります

ちょっと古いデータですが2013年にペダルの踏み間違えが原因で発生した人身事故は約6400件、

そのうち20歳代の運転手が22%、30歳代〜50歳代が10%前後、60歳代が15%、70歳代が17%、80歳代が10%前後となっています

最も多いのが20歳代、ついで2番目が70歳代となっていて、20歳代が1番多くなっています

ただ、警視庁の統計によると2015年に発生したペダル踏み間違えによる死亡事故は58件で、

そのうち65歳以上の運転手が50件となっていることから、

「ペダル踏み間違えは20代が最も多いが、死亡事故に発展する割合が高齢者の方が多い」

と言えそうです

ペダル踏み間違えによる死亡事故は今後も増える

免許保有者数と年齢の推移

こちらは日本の運転免許保有人数とその年齢の推移を表したグラフです

青いのが2010年

緑が2015年

赤が2020年の推定値

2010年 → 2015年 → 2020年と進んでいくに従って、

若者(25歳、30歳)の免許保有者数は少なくなっていますが、

反対に、70歳代以上の運転手は増えています

死亡事故に発展するペダル踏み間違え事故の要因である高齢者運転手が増えるわけですから、

このままだと「ペダル踏み間違え」が原因となる交通事故はより一層増えることが予想されます

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら