250ccバイクのブレーキフルードをDIY交換

バイク

私のバイク、GSR250は買った当初から少しブレーキがスポンジーな感じが気になってました

購入してから1年経過するので、ブレーキフルードを交換してみることにしました

私の車の保険料は年12,860円です(しかも輸入車)

年間の保険料12,860円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

交換に使用した道具類

使用した工具としては以上の2点です

1. リザーブタンクからブレーキフルード を吸い出すためのスポイト

リザーブタンクに溜まっている古いブレーキフルード を吸い出す時に使うスポイトです

created by Rinker
新潟精機(Niigataseiki)
¥335(2024/05/21 18:41:41時点 Amazon調べ-詳細)

2. ワンウェイバルブとホース

ブレーキフルードを一人で抜き取るためにはワンウェイバルブとホースが必要です

(正直なところ、バイクであればワンウェイバルブはなくてもできそうですが、今後、車もやるときのためにも買っておきました)

ワンウェイバルブ

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥1,045(2024/05/21 06:32:00時点 Amazon調べ-詳細)

シリコンホース

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥920(2024/02/19 08:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

アストロプロダクツにはワンウェイバルブとホースがセットになった「ワンウェイバルブ ブレーキブリーダー ホース」っていう商品があるんですが、この商品についてるワンウェイバルブはスプリングが入ってないので、向きによっては普通に逆流してしまいます

なので、わざわざスプリング付きのワンウェイバルブとホースを別で買ってます

後、ブレーキフルードの受け(ボトル)は普通にペットボトルを使います

ブレーキフルード

今回はたまたまクーポン使って安く買えたので、モノタロウ ブランドのブレーキフルード(Dot-4)を選択

(自動車専用って書かれてますけど、バイクでも特に問題なさそう)

ちなみにこの後、車の方も交換するために1Lで購入してますが、バイクだけなら500ccでも十分たります

created by Rinker
古河薬品工業
¥1,099(2024/05/21 06:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

ブレーキフルードの交換作業

フロントブレーキのフルード交換

まずは交換前にリザーブタンクの点検窓からブレーキフルード の色を確認

そこまで汚れてなさそうに見えます

が、蓋を開けてみると少し変色してますね。。

まずはこのリザーブタンク内のブレーキフルード をスポイトで吸い取ります

(完全に吸い取っちゃうとエアーを噛んじゃうので少しだけ残します)

購入したブレーキフルード を満タンまで足します

ダイヤフラムなどはパーツクリーナーでしっかり洗浄しておきます

created by Rinker
KURE(呉工業)
¥746(2024/05/21 09:33:43時点 Amazon調べ-詳細)

フロントのブレーキキャリパから生えてるブリーダープラグにシリコンホースとメガネレンチをセットしたら、あとはブリーダープラグを緩めてブレーキレバーをにぎにぎ

ではじめは少し黄色味のあるフルードでした

写真ではわかりにくいですが、ブレーキフルード の排出を進めていくと、かなり透明に近い黄色に変わっていきました

(途中、リザーブタンクが空にならないように何度かフルードを注ぎ足してます)

点検窓から見えるフルード液も少しきれいになったような気がします

あとはブリーダープラグを閉めて、フルードが垂れちゃったところをパーツクリーナーで洗浄して終了

フロントのブレーキフルード交換で消費した量は多分150ccくらいですかね

ワンウェイバルブがあれば握りっぱなしでOKか?

ワンウェイバルブ がついてるので基本的には握り->離すを繰り返すだけでOKなはず

なんですが、これだけだとホース内にエアーが混入してるような感じがしました

なので、途中からは、

ブリーダープラグを開く

レバーを握る

プラグを閉める

レバーを解放する

という感じで交換作業を行いました

こうするとエアーの気泡が発生しないような感じでした

なので、ワンウェイバルブがついてるからと言って、一人で車のブレーキフルード 交換作業をするともしかしたらエアーを噛む可能性がある気がしました

リアブレーキのフルード交換

今度はリアブレーキですが、交換の要領はほぼ同じです

やっぱり、まぁまぁ変色してる感じがします

フルード液の出始めの頃

しばらく排出した後

リアはまぁまぁ前後の差がわかりやすいかな?

フロント、リアから排出されたブレーキフルード

こうやって見ると、かなり黄色いですね

フロント、リア合わせて大体300ccくらいですかね

感想

実は今回、初めてブレーキフルードのDIY交換をやって見たんですが、かなり簡単な作業だと思いました

道具さえがあれば20分くらいで終わりますね

道具と言ってもワンウェイバルブとホース、スポイトがあれば良いので大した金額になりませんし

車だともう少し大変そうですがバイクだとかなり手軽にできるので、次回以降は2年おきくらいにきっちり交換していこうと思いました

あと、元々気になってたスポンジーだったブレーキもかなりカッチリ感が出ました

元々少しエアーを噛んでいたようで、交換途中で気泡がちらほら出てました

まんぞくまんぞく

追記(2023/11/11)

交換後、200kmほど走ってきました

その際に感じたことは、やっぱりブレーキのかっちり感が出たことです

グニュグニャしたスポンジ〜な感じが無くなりました

それと、一回だけ急制動する機会があったんですが、

リアブレーキがロックしました

「そんなの当たり前だろ」

と思われるかもしれませんが、交換前はかなり強くリアブレーキをかけてもロックすることがなかったので、しっかりブレーキが効くようになった証拠かと思います

追記(2023/11/18)

機会があったので、同じ道具で車のブレーキフルード交換もやってみました

結論から言えば、バイクと比べて大変なのは車をジャッキアップしてタイヤを外す事くらいのことで、ブレーキフルード 交換はワンウェイバルブのおかげで一人でもラクラク交換できました

ブレーキフルード交換てこんなに簡単な作業だとは思ってなかったので、これからはきっちり2年おきに交換していこうと思いました

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら