なんで国道246って毎日事故ってるの?

道路

国道246号線は東京と静岡を結ぶ東西の主要路線です

東名高速道路と並行していることもありとても交通量が多いことでも知られています

また国道246はとても事故が多く、毎日、事故の様子などがTwitterにアップされています

私もその国道246をよく走る一人なのですが、毎回必ずと言っていいほど事故渋滞に遭遇します

なぜそんなに毎日事故が起きるのか、私なりに原因を解析してみました

私の今年の保険料は14,450円です(しかも輸入車)

年間の保険料14450円の証拠写真

なぜそんなに安いのか?
それは無料の一括見積もりで1番安い保険会社探し出したからです

最短3分で安い保険会社が見つかります
ムダに高い保険料を払い続けてするのはもう終わりにしましょう 1番安い保険はこちらから

国道246

赤い線が国道246号線です

東京の中心とも言える千代田区から静岡県沼津市まで繋がる総延長126kmの道路です

事故の多さ

グーグルで「国道246」と検索すると、関連する検索キーワードとして、

「国道246 事故」

「国道246 事故 今日」

「国道246 事故情報」

などが見つかります

いかにこの道路に関する事故情報を調べる人が多いかがわかります

事故の原因

この道路をよく走る人間の一人として、事故の主な原因を分析してみました

交通量が多い

生活道路として東西の交通主体となっている上に、商業施設が途中に数多く点在しているので郊外からの車も多く混入してきます

その影響で慢性的な渋滞状態にあります

車の数が多いので、単純に接触する事故の回数も多くなるわけですね

直線の何もない道路で謎のブレーキ

いまだに私も不思議なんですが、国道246は直線で信号も何もない区間なのに、次々と車がブレーキを踏む区間があります

時にはかなり流れの速い区間で急ブレーキに近いぐらいに詰まるところがあります

流れの速い区間

一方で、じゃあ246号は常に低速なのかと言われると、そういうわけではありません

区間によってはかなり流れの速い箇所が存在します

これが国道246号線が危険な道路になってる主な要因だと考えています

渋滞で詰まってる区間から抜けて、空いてる区間に入ったドライバーは渋滞の時間を取り戻すかのように速度を上げるからです

車の速度と事故の深刻さは相関があり、速度が高ければ高いほど乗員の死亡率が飛躍的に高まります

車間距離の短さ

さらに私が感じるのは、全体的な車間距離の短さです

先頭を走る車から3,4台が連なって非常に短い車間距離で走る光景をホントーーーーによく見かけます

これには長い渋滞明けから空いてる直線区間に入って、渋滞から解放された心理も影響されていると思います

しかしあんなに短い車間距離で走っていると、何かあったら即衝突は避けられません

例えば、

子供や自転車が脇から飛び出してきたら、先頭の車は急ブレーキをかけます

それに気づいて2台目、3台目の車のブレーキをかけますが、あの短い車間距離では止まりきれるはずがありません

たまにいる右折車

国道246にある交差点の多くは右折用の車線が用意されています

もしくは右折が禁止されている交差点が多いです

ですから基本的には右折待ちをしている車で詰まってしまうことはありません

しかし・・・

この246上にある交差点をご覧ください

この交差点は乗用車であれば右折できるんです

ですからこの交差点で右折車が止まっていると渋滞することになりますし、止まってる車に気づいて急激にブレーキを踏む車も多いです

かなりスピードの高い領域で車間距離を詰めて走っていたら、もしかしたら衝突を回避できないかもしれません

まとめ

上記の内容は一つ一つは大したことがないことかもしれません

しかしいくつかの要因が複雑に重なると事故が発生します

特に交通量の多い国道246では、毎日誰かがその複雑な状況に陥ってしまっているわけです

この国道246は、毎日誰かが事故を起こしています

それによって激しい渋滞も発生します

事故の回避方法

ではこれらの事故はどうしたら回避できるのか?

個人的な意見ですが、車間距離さえ適切に取れていれば事故にならない可能性が高いと思ってます

仮に衝突してしまったとしても重大な事故にはならないで済むでしょう

何はともあれ、とにかく車間距離です

あおり運転してるつもりがなくても、知らず知らずのうちに前の車との間隔が狭い車が多いです

ちなみに私は前の車とは3秒以上車間距離をとるようにしています

迂回道路は?

基本的に国道246の迂回道路はありません

細かい道を走れば多少は渋滞してる道をショートカットできる場合はあります

しかしガソリンと労力を使った割に大した時間の節約にならないことがほとんどです

空いている日であれば並走する東名高速に乗る手もありますが、大型連休などのような時は高速も下道もどちらも激しく渋滞しています

高速道路を諦めて下道に流れてくる車も多いです

ですから一番の246の渋滞回避方法は、混雑してる時間を避けるしかありません

損をしない車の売り方

車を買い替える時に一番損をしない方法は、無料の一括査定を取ることです
私は前に乗っていた軽自動車を売るときに23万円高く買い取ってもらえました

最短約40秒のかんたん入力でおおよその査定額がわかります
もし希望の金額じゃなかったら売らなくてもOK
あらかじめ大体の査定額を把握しておけば車のステップアップも可能

詳しくはこちら